GG
(2002/04/29)
Gotthard

商品詳細を見る


久々にCD屋でチェックしていたら、最近やたらと多い新品格安セールにまた遭遇してしまった。何と運の良い..(笑)。
で、そこでは輸入盤1枚¥300、5枚で¥1000という事なので血が騒いだのだけど、残念ながら大したモノは発見出来ず、後はもう既に持っていたりするモノ(マリリオンの「AFRAID OF SUNLIGHT」なんかが置いてあった!)だったりで諦めかけたその時、このアルバムを発見。
以前、umeさん某音さん御2人共このバンドでの最高傑作はこのアルバム...というのを思い出し、ホントは国内盤を...と思ったけどまあ¥300だし、レーベルが変わったから国内盤は廃盤なハズだし、中古で探していたけど全く見つからないし...という事で見事捕獲(後で調べたら、アマゾンでは国内盤がまだ売ってる事が判明)。

で、早速聴いてみたけど、なるほど、この完成度は並ではないですね。メロディアスなHRという基本的な路線は今でも変わっていないけど、この頃の方が若干ブルージーなスタイルで、スティーヴ・リーの歌唱もデヴィッド・カヴァデールにそっくりな雰囲気もあって、最高傑作に挙げる理由が直ぐに分かりましたよ。

楽曲も最近のアルバムみたいによりメロディアスにならず、エッジを強調させた古き良きHRというスタイルで好感が持てるし、何よりこのアルバムのギターの音が最高に良い。「MOVIN' ON」や「LAY DOWN THE LAW」のイントロのリフなんて最高だし、「HOLE IN LINE」や「RIDE ON」あたりではハモンドの音が異様にカッコイイし、相変わらずスティーヴ・リーの歌の上手さが光るバラードの「LET IT BE」「FATHER IS THAT ENOUGH?」「ONE LIFE, ONE SOUL」なんかも絶品。

このオーソドックスなスタイルとプレイが上手くブレンドされた楽曲が全部聴き終わった後、FMやサンダーといったやはり歌を聴かせるバンドを思い出させた。ホントに素晴らしいアルバムで、暫くはヘヴィローテーション決定っす。¥300で手に入れた私はガチで幸せ者ですな。

「LET IT BE」ライブ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=oMFiZOnyUqc

「SISTER MOON」ライブ↓
http://jp.youtube.com/watch?v=xKwtFtXyz60
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEXT POSITION PLEASE / CHEAP TRICK (1983)

REIGN IN BLOOD / SLAYER (1986)

comment iconコメント

コメントの投稿