Venus in OverdriveVenus in Overdrive
(2008/08/04)
Rick Springfield

商品詳細を見る


先日のフーターズの新作と共に購入したのがリック・スプリングフィールドの新作。これも金欠状態が続いたのでなかなか手が出なかったモノだけど、先日の某音さんのHPでの年間アルバムの中にランクされていたのを機に「じゃあそろそろ...」と思いネットで探ってたら、何と某密林サイトで¥1350だった。これなら懐も痛まないぞっ!と即頼みましたよ。

で、早速聴いてみると、前回のフーターズでも感じた事をこのリックの新作でも感じる事が出来た。もう1曲目の「WHAT'S VICTORIA'S SECRET?」からいきなり往年のリック節炸裂!イントロが「JESSIE'S GIRL」っぽいのでホントに懐かしい気分になるのだけど、2曲目からは現代的なアプローチで攻めてくるのだけど、前作「SHOCK/DENIAL/ANGER/ACCEPTANCE」にあった無理矢理感の強いヘヴィ路線ではなく、どちらかというとエモ系のそれに近い雰囲気を感じたかな?
それと今回はホントに楽曲が素晴らしく、お世辞でも何でもなく殆どの楽曲がシングルカット出来るくらいのクオリティを保ってるのが凄い。まさかここに来て自身の最高傑作を作ってくるとは思わなかった。あー、このアルバム年末に聴いてたら絶対に年間アルバムにランクしてたのに...

クレジットを見ると、バンドのメンバーに元デイヴ・リー・ロスのバンドにいたマット・ビソネットが参加しており、更に全曲マットとの共作らしい。確かに今までのリックのアルバムには見られなかったタイプの楽曲も幾つか収録されている事からマットが持ち込んだモノも大きいとみた。
またインナーの写真でマットの母親とサハラという名の女の子に捧げると書かれている事から、内容的にはかなりパーソナルな内容である事は間違いないみたいで、「TAO(道)」あたりからリックは歌う内容をかなり意識的に変えてきたと思うけど、その感覚は今でも不変という事を感じさせる。

しかしホントにこの人は全然老け込まないよなあ...と思い、年齢調べたら誕生日が1949年8月って事は

今年の夏で還暦かよっ!?

マジで驚き。こんな60歳見た事ないって!昔なら定年退職じゃん(爆)。

でも、こんなに素晴らしいアルバムが日本盤出ないなんて絶対にレコード会社は間違ってるでしょう。幾ら過去のミュージシャン的な存在であっても、楽曲が素晴らしければそんな事は全く関係ないハズなのに。

「WHAT'S VICTORIA'S SECRET」(口パクライブ?)↓
http://www.youtube.com/watch?v=jX5Up0MsOdg
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GIVING THE GAME AWAY / THUNDER (1999)

REGATTA DE BLANK / THE POLICE (1979)

comment iconコメント

コメントの投稿