The Cold White LightThe Cold White Light
(2006/03/01)
Sentenced

商品詳細を見る


最近、このバンドのギタリストだったミーカが急逝してしまったらしく、その記事が音楽サイトのニュース欄に載っていた。
よく読んでみるとまだ30代でバンドは解散してしまったけど、別バンドでもまだまだこれからって時なのにホントに勿体無いとこのアルバムを聴き直してつくづく思った次第(急性アル中が原因らしい)。

という訳で、今回はセンテンストの歴史上最高傑作と謳われている7thアルバム「THE COLD WHITE LIGHT」をレビュー。
以前、前作にあたる「CRIMSON」をレビューした時に書いたけど、私はこのバンドのCDはこの2枚しか持っていなかったりするので知った様な口は叩けないけど、それでもこのアルバムの完成度はかなり高いと思う。

初期はデスメタル系だったのに徐々にメロディアスな方向性に進むという遍歴は、音楽性は違えどパラダイス・ロストに近い感じだと思うけど、あっちはアルバムによっては全くエッジを感じさせない楽曲もあったのに対して、このアルバムではエッジはかなり際立っており、いかにもHMを聴いてる感覚があったのはホントに良かった。だからこの作品が結果として高評価として賞賛されているのだろう。

前作でもメロディの良さを指摘したけど、このアルバムでは確実に曲作りの面で上達してると思う。それは前作よりも更に聴き易くなっているし、またメロディだけではなくプラス泣きの要素も増しているのも見逃せない。

私は「CROSS MY HEART AND HOPE TO DIE」や「NEVERLASTING」、「EXCUSE ME WHILE I KILL MYSELF」の様な如何にもメタル的アンセムな楽曲も大好きだけど、ミドルでじわじわと良さを感じさせる「AIKA MULTAA MUISTOT (EVERYTHING IS NOTHING)」や「GUILT AND REGRET」あたりもホントに良い。泣きのギターが堪らない!

「NO ONE THERE」の最後に、何かの生物(カモメ?)の泣き声でこのアルバムが終わるのだけど、これがまた不気味な雰囲気を醸し出しているのが何とも言えない余韻を残してくれる。如何にもこのバンドの持つ雰囲気にピッタリだ。

「CROSS MY HEART AND HOPE TO DIE」クリップ↓(”クロウ”がモチーフ?)
http://www.youtube.com/watch?v=1ZUJemL_jBM

「NO ONE THERE」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=b8ulTo4s3So&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DEMONS DOWN / HOUSE OF LORDS (1992)

PORNOGRAFFITTI / EXTREAM (1990)

comment iconコメント

コメントの投稿