マン・イン・モーション(紙ジャケット仕様)マン・イン・モーション(紙ジャケット仕様)
(2009/06/17)
ナイト・レンジャー

商品詳細を見る


これも先日、ブックオフで¥500にてゲットした獲物。以前チェックした時は¥1000で売られていてどーかな?って思って保留していたのが吉と出た様だ(笑)。

私は以前、ナイトレンジャーは夏のイメージにぴったりだという事を書いたけど、このアルバムに関してはその夏っぽい雰囲気は余り感じられないと思った。まあ、あくまでも私のイメージ的なモノなのでファンの人達がどう感じてるのか分からないけど。それまでの彼等にあったハジけた若々しさを感じる楽曲から、ちょっと落ち着いた雰囲気に移行しただけの事だと思う。

前作「BIG LIFE」ではかなりキーボードが前面に出た作りだったので、それが後のバンドの命運を決めた様な感があったが、このアルバムでは相変わらずキーボードの比率は大きいけど、前作ほどの派手な使い方はしていない。それがアランの癪に障ったのか、アルバム製作前にアラン・フィッツジェラルドは脱退してしまった。そのお陰か、バンドに若干のハードな要素が練り込まれている。

ただ楽曲に関しては相変わらずクオリティは高いけど、やはり地味になった印象は歪めない。今聴くとアタマの「MAN IN MOTION」「REASON TO BE」「DON'T START THINKING(I'M ALONE TONIGHT)」は良い出来だと思うし、アナログで言うところの後半はHRバンドとしての姿が垣間見えるのは嬉しいのだけど...その原因はやはりバラードが素晴らしい出来というのがネックだったと思う。

このアルバムでは「RESTLESS KIND」と「I DID IT FOR LOVE」の2曲バラードが収録されているけど、どちらも地味ながらも秀逸。「RESTLESS KIND」はベスト盤に収録されているけど、何の情報も無しにこの曲だけ聴くと彼等がHRバンドとは思わないと思うくらいソフトな出来なのは如何なモノだろうか?楽曲が優れているだけに微妙な印象を持ってしまう。

結局、このアルバムを最後にバンドは一旦解散してしまうのだけど、バラードバンドしてのイメージを植えつけられてしまった彼等に残された道はそれしかなかったんだろうなあ。私的には前作よりも好きな方向性だったんで好きな作品ではあるけど。

また再結成して何度も来日もしてくれるのは嬉しいけど、再結成後のアルバムはやはり地味な印象なので、ここらで一発原点回帰的なモノを炸裂して欲しいと願ってるんだけどなあ...

「HERE SHE COMES AGAIN」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=D-1WQU3mQD0
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

GLOBAL METAL / MOVIE : DVD (2007)

DEMONS DOWN / HOUSE OF LORDS (1992)

comment iconコメント

コメントの投稿