グローバル・メタル [DVD]グローバル・メタル [DVD]
(2009/02/27)
METALLICAIRON MAIDEN

商品詳細を見る


映画版ブログにも書いたけど、先週はDVDレンタル5本\1000セールを借りて休日を消化していたのだが、その時に偶然この新作DVDとして置いてあったので、コレは見て見ぬフリをする訳にはイカンだろう...という事で、早速借りて観てみた。前作「ヘッドバンガーズ・ジャーニー」から2年、サム・ダン渾身の2作目「グローバル・メタル」。

前作では「何故メタルは嫌われるのか?」という題材で、HM/HR系のミュージシャンを中心に検証していったモノだったけど、今回の題材は「メタルが世界各国でどの様な位置付けにあるのだろうか?」という題材で、世界各国を回ってその国のメタルシーンを探るというモノ。そこには我が国日本も入っている。

確かにHM/HRってアメリカやヨーロッパなど盛んな地域のシーンは耳にするけど、例えばイスラエルやインドなんかにメタルシーンが存在するのかどーか分からないし、もしその存在を知っていても多分耳にする事はないと思うし。そーいった意味ではホントに興味深く観る事が出来た。

驚いたのはインドネシアで、メタリカのライブでチケットを持っていても会場に入れず、逆に警官隊の暴行を受けて鎮圧させられるという、まず日本じゃ考えられない話だった。しかも若者に悪影響を与えるとか何とかでその後のメタル系ミュージシャンのライブは一切禁止させられたという。一体、何時の時代の話だよっ!?

イスラエルにもメタルシーンが存在するのは意外だった。スレイヤーの「ANGEL OF DEATH」の歌詞にもある様にユダヤ人を刺激する内容であるにも関わらず、そのイスラエルの人達はスレイヤー側の意図を汲み取ってる事実にも驚いた。普通なら論争が起こってもおかしくない話なのに。

そして我が国日本の話といえば、ヴィジュアル系とメタルの線引き的な内容が何とも平和な話で...(笑)他の国は何だか殺伐とした話ばかりなのに。
でもホントに日本は恵まれてるなあ、と実感した。欲しいCDは手に入るし、髪伸ばして如何にもメタルな格好をしていてもせいぜい疎ましく思われるくらいで済むんだし。イスラエルでの、長髪でスレイヤーのTシャツ着ていただけ宗教警察に捕まり殴られたなんて話は、まず絶対に日本じゃありえないだろうし。

正直、あとロシアあたりも取材してくれれば面白かったとは思うけど、でもまあこれだけやれば十分だろうという内容で私的には満足だ。次作がどの様なカタチになるのかは分からないけど、色々問題提起してもらってHM/HRをもっと深く掘り下げてもらいたいと思う。

因みに、サム・ダンと同行していたスコット・マクフェイデンはアイアン・メイデンのドキュメント「フライト666」にも同行(サム・ダンと一緒に日本公演に来てましたね)次は何とラッシュのドキュメントを撮る予定だという!コレは非常に楽しみだ!!

予告編↓
http://www.youtube.com/watch?v=pLxJBXSIs-A
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ENDLESS, NAMELESS / THE WILDHEARTS (1997)

MAN IN MOTION / NIGHT RANGER (1988)

comment iconコメント

コメントの投稿