ABOVE AND BEYONDABOVE AND BEYOND
(2009/02/23)
BAD HABIT

商品詳細を見る


今年のアタマにもちょこっと書いたと思うけど、今年度非常に期待の高かった作品がいよいよ国内盤リリースされた。前作から4年、スウェーデンが誇る美メロバンド、バッド・ハビットの新作「ABOVE AND BEYOUND」。
輸入盤では2ヶ月位前には既に発売されていたのだけど、国内盤が発売される事はそれ以前に知っていたし、ボーナストラックが1曲収録される事も告知されていたので、MY SPACEでの視聴のみで我慢していた。

感想は、さすがに名盤「ADULT ORIENTATION」を超えるまでは至ってないけど、待っていた甲斐のある素晴らしい作品だと思う。
前作「HERE SAY」ではちょこっと音楽性を変えていたので(といっても、根本的な部分よりも電子音を加えたモダンな音作りになっただけではあるけど)今回はどーなんだろう?と思い、MY SPACEで先に視聴したのだけど、そこにアップされていた楽曲は「ADULT ORIENTATION」に近い雰囲気だったので、今回はかなり期待出来るな...と気分も高まっていたのだ。
ただ、その「ADULT ORIENTATION」と同路線ではあるけど、若干ギターのエッジが鋭かったりと幾分の変化も見られている。まあ、AOR的なソフト路線よりもその方がHRサイドにはウケが良いと思うし。

オープニングの「I DON'T WANT YOU」を聴いた時点でほぼKO状態だったけど、今回は「MY CONFESSION」「SURRENDER」「CALLING YOUR NAME」など後半に良い曲が集中している気がする。ボーナストラックの「REACHING UP」も良いし。
勿論前半にも切ない「LET ME BE THE ONE」や「JUST A HEARTBEAT AWAY」などがあるけど、私が選ぶこのアルバムでのハイライトは3曲目の「I DON'T WANT TO SAY GOODBYE」。何でこんなに気持ち良くスーッと入っていく様なメロディが書けるのだろう?素晴らしい!!

という訳で昨日の休みは隣の茨城県のタワーレコードまで、このアルバムとWORK OF ARTの「ART WORK」をBGMにドライブしてきたのだけど、天気が良い上にご機嫌なBGMというのは何物にも変えられないな...と実感した。ホントに癒される作品に、今年度の上位にランクされる事間違いないですな。

しかし、下記のクリップ2曲を観て頂くと分かるけど、何でこんなに良い曲書くバンドが安っぽいビデオクリップを作らなきゃいけない現状なのだろうか?「I DON'T WANT TO SAY GOODBYE」なんて海沿いの駐車場で撮った様な感じだし。もっと売れて欲しいなあ...


「ABOVE AND BEYOUND」(クリップ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=OphifPiyJIs

「I DON'T WANT TO SAY GOODBYE」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=Sfx2oafuEtU&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SCREAMING FOR VENGEANCE / JUDAS PRIEST (1982)

動画あれこれ:Vol.1 PRINCE

comment iconコメント

コメントの投稿