今回はオリジナルアルバムのレビューはお休みして、先日3年目にして初遭遇したumeさんが私の為に作成してくれたマリリオンのB面集を紹介。

まず選曲はこんな感じ。

THE BELL IN THE SEA
THE RELEASE
HOW CAN IT HURT
A COLLECTION
SYMPATHY
KAYLEIGH (h’VERSION)
I WILL WALK ON WATER
COVER MY EYES (ACOUSTIC)
SUGER MICE (h' VERSION)
MAROUETTE JAM
THE GREAT ESCAPE (ORCHESTRAL VERSION)
WINTER TREES
ICON
LIVE FOEVER
MEMORY OF WATER (BIG BEAT MIX)
GENIE
THE ONLY UNFORGIVABLE THING

別なディスクには
OCEAN CLOUD
THE DAMAGE
CIRCULAR RIDE
THE KING IS HALF-UNDRESSED
が収録。

他にもマリリオン関連のモノが入ってたのだけど、今回はマリリオンのみをピックアップで。

元々はシングルのB面などに収録されていた未発表曲をこうしてまとめてくれたのだけど、一貫して思うのはホントに多種多彩というか、好きな事を様々なスタイルでこなしているな、と。
やはり私が好きなスタイルでもあった「SEASON'S END」や「HOLIDAY'S IN EDEN」のB面曲だった「THE BELL IN THE SEA」や「THE RELEASE」あたりは今聴いてもかなり良いと思うし、スティーヴ・ホガースが歌うフィッシュ時代の名曲「KAYLEIGH」や「SUGER MICE」もフィッシュとは雰囲気でまた良い。

実は「AFRAID OF SUNLIGHT」までのB面曲は、輸入盤でのみ発売されたリマスター2枚組に収録されているので聴いた事があったのだけど、それ以降のB面曲は初めて聴いたのだけど、やはり耳を惹くのは「MARBLES」2枚組のみに収録されている4曲。
「OCEAN CLOUD」はネットでもファンの間でかなり話題になった曲で、YOU TUBEで聴いたらumeさんから「全部で18分くらいある」と聞いて、一体どんな感じなんだ?と思ったけど意外に長さを感じさせない構成は見事の一言。確かにこれは凄い!
「GENIE」の優しいメロディや「THE ONLY UNFORGIVABLE THING」は最新作に入ってていても違和感がない作りもかなり気に入った。確かに「MARBLES」は2枚組が完全版だという事がよく分かった。

意外なトコでは「THIS STRANGE ENGINE」に収録されていた「MEMORY OF WATER 」のリミックスVer。かなり大胆でモダンな音作りで、一度聴いただけではマリリオンとは思わないだろうな。しかも、あのアコースティックを主体としたアルバムからの選曲を、こんなにモダンにしてしまうのはかなり異質な感覚かと(でも、意外と聴けるのは不思議だ)。

それと、私が敬愛するジェリーフィッシュの「THE KING IS HALF-UNDRESSED」(邦題:半分裸の王様)のカヴァーはかなり面白かった(笑)。ホガースのユルいボーカルがオリジナルとは異なっていて、それでもコーラスはしっかりキメてるのが笑える。

しかし、こうしてまとめて聴いてみるとやはり「BRAVE」からの曲(「MAROUETTE JAM」「THE GREAT ESCAPE (ORCHESTRAL VERSION)」「WINTER TREES」)はかなり異質な感じだと思う。あのアルバム自体、何かに執り付かれた様な感じなので、緊張感も半端ないという事なんだろうな。

「OCEAN CLOUD」PART 1(ライブDVDから)↓
http://www.youtube.com/watch?v=yMafvbGHIMw

「OCEAN CLOUD」PART 2(ライブDVDから)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Fg9sdMg3yYg&feature=related

「THE BELL IN THE SEA」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=xLT5eLqAZSo&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TIL DEATH DO US PARTY / CRUCIFIED BARBARA (2009)

KISS ME DEADLY / LITA FORD (1997)

comment iconコメント

コメントの投稿