ハウ・トゥ・セイヴ・ア・ライフ~こころの処方箋ハウ・トゥ・セイヴ・ア・ライフ~こころの処方箋
(2006/10/11)
ザ・フレイ

商品詳細を見る


元々このバンドとの出会いは、何気に街中をブラついていた時にお店の有線か何かで「HOW TO SAVE A LIFE」が掛かっていたのを耳にしたのが最初だった。
バンド名も曲名も何も知らず、ただ「良いメロディだな」としか思わなかったのだけど、何故かそれがずっと耳に残っていて「誰の曲?」と思う様になったのはいいけど、果たして誰なのか見当も付く訳もなく(コールドプレイ?とは思ったけど、ちょっと違う感じだったし)ちょっと悶々としていた頃に偶然その名を知る事となる。たまたまTVで観ていた「全米トップ40」でこの曲が掛かって「これだ!」と思い、即メモったのは言うまでもあるまい。

ただ、その時は何故か国内盤が何処にも置いておらず、ちまちま探しているウチにフェイドアウトしてしまい忘れかけていたトコに、某音さん新規購入でこのバンドの2ndアルバムの事を書かれてあったのを読んで思い出し、ちょっと探してみたら国内盤があるわあるわ(苦笑)。しかも決算セールで新品半額に下がっていたり、ブックオフで中古¥1000で置いてあったりと。勿論、新品半額を購入。

聴いてみたトコ、冒頭の「SHE IS」を聴いて、歌い方にクセがあるというか何か引き摺っている様な発音なのか”もしかしてVoってヘタ?”と一瞬疑ってしまったけど、実はあれが味という事なんですね。
シングルにもなった「HOW TO SAVE A LIFE」(邦題:こころの処方箋←何となく言いたい事は分かるけど、いざ文字にするとちょっと...?)は勿論素晴らしいのだけど、私の心を掴んだのは5曲目の「FALL AWAY」。これはホントに良い!私の中ではアルバムのハイライトだと思っているくらい。

全体的には噂通りメロディが綺麗な楽曲が多い。前半は文句なしの構成だけに、後半は似た様な楽曲が結構多いかな?タイプは異なるけど、何故かLIFEHOUSEを思い出した。しかしデビューアルバムでこれだけのモノを提示出来ているのは十分及第点だし、全米で100万枚超えたのも納得出来る。

2ndアルバムも全米初登場No.1を記録したというし、某音さんのレビューでも良い事書かれていたので2ndも聴いてみたいけど、とりあえずはこのアルバムを十分堪能してからにしよう。

「HOW TO SAVE A LIFE」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=VfPBlUDTZ78

「FALL AWAY」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=uISDFuzAZTA&feature=related

「OVER MY HEAD」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=CUtz2QWZ6pQ
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RIPTIDE / ROBERT PALMER (1985)

BUILDING THE MACHINE / GLENN HUGHES (2001)

comment iconコメント

コメントの投稿