The Punisher (パニッシャー)The Punisher (パニッシャー)
(2004/04/28)
サントラシーザー

商品詳細を見る


今週、民放TVで放送された映画「パニッシャー」のサントラ盤。

映画の内容うんぬんよりも、このサントラの参加ミュージシャンの豪華さがかなり目を惹き、当時のラウドロック勢がこぞって参加、また未発表曲満載という事もあってラウド系にはそんなに縁の無い私は入門編に良いかも...と思ったくらい。
映画版ブログにも詳細は書いたけど、このCDがあったからこそ映画が観たいと思った訳で、もっと極論を言ってしまえばある1曲が気になったのでこのCDを買った様なモノだ。
その1曲とは、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったエヴァネッセンスのVoエイミー・リーが、当時の彼氏が在籍しているバンド、シーザーと競演しているとの事なので、当時エヴァネッセンスにハマっていた私は当然目を付けたと。
「BROKEN」は、TVの「全米トップ40」で何気に観ていた時に掛かって素直にカッコイイと思わせたので、CD買ったのだが。

他にピンと来たのは、新Voが加入したばかりのドラウニング・プール「STEP UP」。もはやラウドロックで括るよりも普通のメタルに近付いた感じの楽曲で、前Voよりも好みだったりする。またアメリカのプロレス団体WWEのPPVのテーマ曲になった事もあり、派手なイメージにもぴったり。
このサントラで初めて耳にしたクイーン・オブ・ザ・ストーン・エイジも、カヴァー曲だけど変なノリでかなり面白いし(「NEVER SAY NEVER」)、ダメージプランとアリス・イン・チェインズのジェリー・カントレルのコラボも良い味出してる(「ASHES TO ASHES」)。
他にもニッケルバックは相変わらず良い曲提供しているし(「SLOW MOTION」)パドル・オブ・マッド(「BLEED」)、エヴァネッセンスを脱退したばかりのベン・ムーディーの提供曲も以前在籍していたバンドみたいに如何にもな雰囲気で面白い(「THE END HAS COME」)。

まあ、全部通しで聴くにはちょっとキツい感じではあるけど、1曲1曲の完成度は結構高いと思った。しかし、やはりこのテのバンドは雨後の竹の子状態で、良いモノは残るだろうけどそれ以外は...って事も感じ取られたな。

「BROKEN」/SEETHER FEAT. AMY LEE↓
http://www.youtube.com/watch?v=hfOYufGFiZg

「STEP UP」/DROWNING POOL↓
http://www.youtube.com/watch?v=byk_iDwtPfw

「NEVER SAY NEVER」/QUEEN OF THE STONE AGE(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Q2Jko0Pw_LU&NR=1
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MY FAVORITE HEADACHE / GEDDY LEE (2000)

RIPTIDE / ROBERT PALMER (1985)

comment iconコメント

コメントの投稿