Something StrongSomething Strong
(1997/11/10)
O\'Ryan

商品詳細を見る


umeさん、オライアン購入記念!...という事で(どんな記念だ?/笑)今回はオライアンの1stソロ「SOMETHING STRONG」を取り上げてみようかと。

私が2nd「INITIATE」をレビューしたのは今から約2年前の事。
(http://rush-yyz.at.webry.info/200705/article_2.html)
その間もそれ以前も、この2ndアルバムだけは結構忘れた頃に引っ張ってきては聴いているのだけど、元曲であるフェノメナ関連よりも聴く回数は圧倒的に多い。
理由は単純、オライアンの方がアレンジが優れているからで、元曲にある如何にもHR的なノリに対してオライアンのそれはAOR的なアプローチなので、普段のBGMとして気軽に聴けるのだ。

そんな2ndよりも更にAOR的なノリなのが本作で、もはやHRとは呼べない感じでもあるけど、この人の歌の上手さはこの時点で既に確立されているので安心して聴けるクオリティかと。2ndアルバムではグレン・ヒューズばりの歌唱だけど、楽曲に合わせてかこのアルバムではジョーイ・テンペストに近い雰囲気を持っている風に聴こえた。

2ndアルバムにも、フェノメナの楽曲に混ざって自身のオリジナル「EMAR MAY」と「SOMETHING STRONG」、「DON'T LET IT SLIP AWAY」が収録されていたけど、この1stアルバムにもこの3曲が収録されている。
どういった経緯なのかは知らないけど、この1stアルバムが今は亡きゼロ・コーポレーション、続く2ndアルバムはイーストベルジャパンというレーベルから発売されている事から(後にヴォイスプリント・ジャパンから再発)レーベルが変わった事で、新たにこの曲に焦点を当てたいと考えたのだろうか?因みに3曲共、違うアレンジで収録されている。

2ndアルバムが傑作なので、比較されると確かに青臭かったりと分が悪い立場にあるけど、全くの別物と捉えると十分クオリティは高いと思う。
私的なお気に入りは爽やかな「STRONGER THAN LOVE」(サビがチャゲ&飛鳥?)、軽快な「REACTION」、しみじみ聴かせる「DEEPER THAN THE OCEAN」。勿論「EMAR MAY」も素晴らしいけど、2ndのアレンジが素晴らしいのでちょっと地味かも。まあ、別Verと思えば全然OKなんだけど。

しかし、2ndアルバム以降音信不通となってしまったオライアン。フェノメナのベスト盤でオリジナルの「SLAVE」を提供してからは全く消息が分からなくなってしまった。何かマイナーなバンドに参加していたのはかろうじて知っているのだけど...情報筋求む!

「EMER MAY」(INITIATE Ver:曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=EHvEj2vUnmc

「DON'T LET IT SLIP AWAY」(INITIATE Ver:曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=jmcnHxsirCo&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DISCIPLINE / KING CRIMSON (1981)

FOREVER MORE / TESLA (2008)

comment iconコメント

コメントの投稿