The Very Best of Asia: Heat of the Moment (1982-1990)The Very Best of Asia: Heat of the Moment (1982-1990)
(2000/06/06)
Asia

商品詳細を見る


先日のイエス、「危機」と併せて「こわれもの」も一緒に聞いているのだけど、何故か今更ながらハマってしまい、しかもタワーレコードのサイトから購入した「BIG GENERATOR」も届いて、ちょっとしたイエス祭りとなってしまった(笑)。
「こわれもの」と「BIG GENERATOR」はそのうちレビューするとして、今日はそのイエスにちょっと関わりのあるエイジアをチョイス。

ホントはオリジナルアルバムを選べば良いのだけど、残念ながら今CDでは1枚も持っておらず、唯一あるCDのベスト盤を選んだ。理由は簡単、数あるエイジアのベスト盤の中でも初期3枚のベストチョイスで構成されており、しかもシングルのB面曲だった「DAYLIGHT」「RIDE EASY」「LYING TO YOURSELF」をセレクトされており、しかも約10年前のリリースにも関わらず音はかなり良い(デジタルリマスターされているかどーかは、輸入盤のクレジットがかなり長い為、詳細は不明)。

私がエイジアを初めて聴いたのは2ndの「DON'T CRY」で、当時ソニーのCMのバックにあの劇的な前奏が流れていたのに耳を惹き「誰?これ。」となった訳で、近所のレコード屋にチャリ走らせシングル盤を購入した記憶がある。そのB面曲に先述の「DAYLIGHT」が入っていて、この曲も何でアルバムからオミットされたのか理由が分からないくらいカッコイイ曲だったので、CD化されていれば...と思っていたのだけど、こうしてベスト盤に収録されて即買いした...と。

この頃はまだ洋楽を聴き始めた頃だったので、そのまま1stを遡る事まではせず、3rdアルバムを待ち望んでレンタル屋へ借りに行ったんだっけな。
多分、この時に1stアルバムを遡って聴いていれば私の洋楽人生が少しは変わっていたかも知れない。というのも、後に聴いた1stはホントに素晴らしい出来だったし(ジャケットも一番好きだ!)そーなるとメンバーの過去とかを遡ってU.K.やキング・クリムゾン、イエスなどを探しに行っていただろうし。

ともあれ、今聴いてもやはり楽曲が素晴らしい。ジョン・ウェットンとスティーヴ・ハウが抜けた時点でエイジアには全く興味を無くしてしまったのでその後の作品を聴いていないけど、そんな私みたいな(笑)人達には打って付けのベスト盤だ。

「HEAT OF THE MOMENT」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=NfFjb3B9RRw&feature=related

「DON'T CRT」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=YsvhbLI_vMA&feature=related

「GO」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=-U3DkWoo00I&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PLEASE DON'T LEAVE ME / JOHN SYKES (1992)

CLOSE TO THE EDGE / YES (1972)

comment iconコメント

コメントの投稿