ドリームタイムドリームタイム
(2009/06/10)
ダリル・ホール

商品詳細を見る


前回書いたBLU-SPEC CDは一体どんな作品が発売されているのだろう?と、サイトで色々調べているウチにこの作品も発売されていたのを知らず、既存のCDをまだ持ってなかった身としてはBLU-SPEC CDを試してみるには丁度良いかな?と思い購入してみた。
またまた80’Sの作品、ホール&オーツの片割れダリル・ホールのソロ2作目にあたる本作「THREE HEARTS IN THE HAPPY ENDING MACHINE」(タイトルが長くて上の表記には入らなかった...)邦題:ドリームタイム。

ホール&オーツとして商業的に頂点を極めたと言っていい「BIG BAM BOOM」を経て、アポロシアターでのテンプテーションズとの競演ライブ盤を発売した後にホール&オーツは無期限の活動停止を発表してしまったので、この2人はこの先どーするのかな?と思っていた時に口火を切ったのはダリル・ホールの方で、しかもシングルの「DREAMTIME」をアルバムよりも先に聴いた時は、思わずニヤリとしてしまった。超が付くくらいにキャッチーなメロディを持った楽曲でシーンに戻ってきた訳だから、これは絶対売れない訳がないな...と。しかも当時はユーリズミックスでの活動がメインだったデイヴ・スチュワートがプロデュースとくれば期待しない訳がない。

しかし、初めてアルバム全体を聴いた時は、ホール&オーツのアルバムを聴いた時ほどの感動は得られなかった。当時は理由がよく分からなかったけど、今でこそ理由は分かる。ホール&オーツとソロでのモダン的な質感が違うのだ。
ホール&オーツではソウルを基調とした部分が楽曲の根っこにあるのに対して、ダリルのソロにはそれがない。ダリルの歌唱にはソウルフルな部分はあるのだけど、楽曲にはポップな要素が強すぎるのだ。
まあ、それはこのアルバムに当て嵌まるだけで、最初のソロの時にはキング・クリムゾン総帥ロバート・フリップ爺が絡んでいただけあって商業的要素は全くなかったりするらしいし。この1stソロもいずれは聴いてみたいけど。

ファンの間では有名な話である、シングル「DREAMTIME」は後にZARDのデビューシングルだった「負けないで」のコード進行がまるっきり同じで、当時はパクリと散々言われたけど、これはZARDがどうこうと言うよりは作曲者とアレンジャーの責任だと思う。ダリル本人に「負けないで」を聴かせたトコ、笑って済まされたらしいけど(笑)。

「DREAMTIME」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=g-AMiFuymH8&feature=related

「I WASN'T BORN YESTERDAY」クリップ↓
http://www.youtube.com/watch?v=xGDvs7ocG8s&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THIRD STAGE / BOSTON (1986)

THE ROAD HOME / HEART (1995)

comment iconコメント

コメントの投稿