ナッシング・バット・トラブルナッシング・バット・トラブル
(2006/08/30)
ブルー・マーダー

商品詳細を見る


シン・リジィからジョン・サイクスが脱退した...という話を数ヶ月前にネットで見かけたのだけど、一体サイクスは何をしたいんだろうか?
シン・リジィを再結成させて、リユニオンツアーと銘打って約10年間も新作を出さずに地味ながらも活動したのはある意味凄いなとは思うけど(笑)悪くいえば才能の枯渇であって、昔のヒット曲でメシ食ってますという誰が見ても集金ツアーとしか思えないはず。それでも客がそれなりに入ってたみたいだから本国でのリジィ人気の高さは本物なのだろう。

で、脱退したのは良いけど、次にアクションを起こすのはやはりバンドとしての活動なのだろうか?某巨大掲示板には、わざわざお忍び来日までしてレコードディールを取りにきて「HM/HRとは無関係のモノをやりたい」と語ったとか。ま、ホントかどーか分からないから鵜呑みにするつもりはないけど、もしホントなら完全に迷走してるな...と。
やはりサイクスにはHM/HRのフィールドしかない訳で、他ジャンルに関しては以前「LOVE LAND」を製作したくらいしか実績がないから(とは言っても、あの作品もHM/HRサイドしか興味は持たれていないし)正直他ジャンルは厳しいと思う。

そんな事を思いながら、久々にブルー・マーダーの2nd「NOTHIN' BUT TROUBLE」を聴いているけど、1stが最高に好きだった私としては、アメリカナイズされた楽曲群には最初は正直とまどった。サイクスのプレイに関しては全然問題ないんだけど、前作にあった英国的な匂いが余り感じられずがっかりした記憶が...
しかし、如何にもサイクスにしか出来ないHRの「WE ALL FALL DOWN」を筆頭に、豪快な「CRY FOR LOVE」、地味で暗いながらも美しい「RUNAWAY」、映画なんかに使われそうなメロウな「SAVE MY LOVE」、切実と歌う「SHE KNOWS」などは一発で気に入った。
逆にスモール・フェイセズの「ITCHYCOO PARK」の能天気な明るさや、この曲だけVoが違う「I'M ON FIRE」、ボーナストラックで入ってた「BYE BYE」なんかは正直蛇足かな。

この後ブルー・マーダー名義は消失してしまい、サイクス名義になってしまうのだけど、バンド名を変えた事も意味してなのか、若干音楽性も徐々に変化が見えてきて興味を失ってしまったのは残念。
でも、こういったHM/HRは今では殆ど聴けなくなってしまったので、サイクスには今だからこそこの音で勝負して欲しいのが願いなんだけどなあ...

「WE ALL FALL DOWN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=xdC7vLSmiro&feature=fvst

「RUNAWAY」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=-xTBadpLAdQ
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FIRST UNDERGROUND NUCLEAR KITCHEN / GLENN HUGHES (2008)

BELIEVE IN NOTHING / PARADISE LOST (2001)

comment iconコメント

コメントの投稿