フォーゴトン・アームフォーゴトン・アーム
(2005/04/27)
エイミー・マン

商品詳細を見る


ちょっと色々と用事が立て込んでて、なかなか店頭へCD買いに行けなかったのだけど、昨日ようやく空いたので地元のタワーレコードへ。
先週に携帯会員限定のポイント2倍セールも併せて...と考えていたのだけど、その携帯を忘れたのが車に乗ってる時で(苦笑)仕方なくポイントは諦めて、気を取り直してタワレコへ。
そしたら輸入盤半額セールが行われていて、気になるモノもそこそこあったのだけど(蠍団の最新作とか、THE CULTとか)とりあえず新譜1枚は確実だったので、もう1枚は今日のお題のこのアルバム、エイミー・マンの「THE FORGOTTEN ARM」。中のブックレットが限定盤なのかな?

実は先月にHMVにて4枚注文してるのだけど、その中の1枚にエイミーの以前レビューした「LOST IN SPACE」の輸入盤2枚組が入っていて(以前レビューした時は、本編にも書いてあるけど市立図書館で借りたのだ)何故かこの時期になると無性にエイミーが聴きたくなるのだ。
で、このアルバムもいずれ手に入れねば...と思っていたのだけど、どーやら国内盤は廃盤になってしまったらしく、中古屋やネットで探すか...と思ってた矢先に見つけられたので良かった。まあホントは、この人の場合は歌詞が非常に重要なので、国内盤は後に探してみるつもりだけど。

ジャケットを見ると、今までの路線とは全然違う雰囲気だったのでこれまで敬遠してたのだけど、「LOST IN SPACE」が地味ながらも大変素晴らしい作品だったので、続くアルバムもさぞかし良いのだろうと期待はしていた。
基本的な路線はそのままで、本作はサザンロックやカントリーっぽい雰囲気がほんのり薫るといった感じ。前作が内省的な感覚だったの対して、今作はもっと開放的というか外に打ち出す感じかな?

ジャケットはちゃんとコンセプトに基づいているモノらしく、歌詞を読んでいないからよく分からないけど、麻薬中毒のボクサーと恋人とのロードムービー的な内容らしい。でも、このジャケはやはりエイミーらしくないなあ...ま、本人もあのスタイルでボクシングやってるらしいから、本人にとって意外性は余りないのかも?

休日の昼下がりや、晴れた日のドライブに聴くとより効果的に聴こえるかな。今のトコ、この人のアルバムには(ティル・チューズデイ時代は別として)駄作は全くないので、安心して聴ける鉄板の1枚かと。

「VIDEO」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=ACPG9_01srI

「DEAR JOHN」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=fYRf3peIEY0
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SENSORY LULLABIES:TRIBUTE TO JELLYFISH / V.A. (2007)

GO MAD IN JAPAN / THUNDER (DVD:2006)

comment iconコメント

コメントの投稿