FC2ブログ

Sensory Lullabies: The Ultimate Tribute to JellyfishSensory Lullabies: The Ultimate Tribute to Jellyfish
(2007/09/18)
Various Artists

商品詳細を見る


先日頼んでおいたCDがHMVから先週届いたのだけど、2枚組が2つあって聴くのにちょっと時間を要してしまった。会社の通勤時などにバラバラ聞いていたので、聴き終わる頃には最初の方を忘れてしまった感じなので(汗)今日の休日を利用してゆっくりのんびりと聴いてみた。
頼んであったCDの中で一番興味のあった、2枚のオリジナルアルバムを残して消え去ってしまった愛するクラゲ達のトリビュートアルバム「SENSORY LULLABIES:THE ULTIMATE TRIBUTE TO JELLYFISH」。

以前のレビューでも私のクラゲに対する愛情は解ってもらえると思うけど、たった2枚の作品だけでトリビュートを作ってしまう感覚、そして発売されたのが一昨年というのが今現在でもバンドに対する興味が失われていないという事実がまず嬉しかったなあ。
今でも彼等のフォロワーと呼べるバンドは結構見受けられるし(私の大好きなイット・バイツも、新作で如何にもそれっぽいフレーズを使ったのには驚いた)ブラック・クロウズみたいに影響は受けてなくてもフェイヴァリットバンドに挙げられる事もちょこちょこ聞くし。大御所であるポール・マッカートニーやリンゴ・スターまでもが名前を挙げたのにはビックリしたけど。

で、このトリビュートアルバム、某巨大掲示板でその情報を知り、早速密林やHMVで検索掛けたら引っ掛かったので早速ポチって届いたCDを見たトコ、何と見事なまでに知ってるバンド/ミュージシャンが1つも無い!(笑)レーベルも全く知らないトコだし、最初は自主制作?とすら思ったほどだ。

しかし聴いてみたトコ、これが意外にもナイスなカヴァー曲連発で、その某巨大掲示板でも評価が高かったのが納得出来た。
バンド自体がとても作り込みがハンパないので、大体のモノは原曲に忠実に再現されてそこにちょっとアレンジを加えた程度だろう...という予想は見事に良い具合に覆された。一番驚いたのは”セサミ・ストリート”でも使えそうな「SEBRINA, PASTE AND PLATO」がドゥームverになってる(爆)。コレにはマジで一本取られた!
しかも、限定盤で発売された4枚組ボックスセットの中の未発表曲までカヴァーしてるのだけど、その余り馴染みの無い曲でも良く聴こえてしまうのだから、改めて再認識出来たくらいだ。

これを聴いたら、本家のアルバムも久しぶりに引っ張り出して聴いてる始末。...そろそろアンディとロジャー、仲直りしてアルバム作ってくれないかな?MY SPACEのフレンド欄にしっかり名前も入ってる事だし。

「NEW MISTAKE」(本家のPV)↓
http://www.youtube.com/watch?v=dkfdLIx_kTY&feature=related

「THE KING IS HALF UNDRESSED」(本家のPV)↓
http://www.youtube.com/watch?v=UyDhsDUorGA&feature=related

「JOINING A FAN CLUB」(本家のライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=xAOEB8HtezY&feature=related
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

BOTH SIDES LIVE / THE HOOTERS (2009)

THE FORGOTTEN ARM / AIMEE MANN (2005)

comment iconコメント

コメントの投稿