Both Sides LiveBoth Sides Live
(2009/08/04)
The Hooters

商品詳細を見る


さて、先日購入したCDの中に入ってた2枚組第2弾、一昨年再結成アルバムを発表したフーターズのライブアルバム「BOTH SIDES LIVE」。
元々はオフィシャルサイトでのみの販売だったのが、一般流通になったのかアマゾンからのお知らせメールに入ってて、以前レビューした復活アルバム「TIME STAND STILL」の内容が素晴らしかったので、早速注文してみた。

2枚組といっても、1枚は「THE ELECTRIC FACTORY」と銘打った通常ライブ盤で、もう1枚は「THE SECRET SESSIONS(ACOUSTIC)」という名前の通り、スタジオでのアコースティックライブ盤。代表曲以外は若干選曲も違っており、正に一粒で二度美味しいといったトコか。しかもHMVのマルチバイで約¥1600という破格値!(アマゾンでも今なら¥1650!)

で、肝心の内容は、以前国内盤でも発売されたライブ盤が、ライブに定評のある彼等なのに何処となく熱く感じられないモノでがっかりした記憶があるのだけど(そのライブ盤は既に廃盤で、しかも2~3回しか聴かずに売ってしまった)このライブ盤はそういう記憶を掻き消すくらい、素晴らしいライブ盤だと思う。
「TIME STAND STILL」のレビューでも書いたけど、今の彼等にはデビュー当時の若々しい弾けっぷりは感じられず、その代わりに落ち着いた味わいのある雰囲気を得た事が、このライブにも十分感じられる。

「THE ELECTRIC FACTORY」に収録されている「SOUTH FERRY ROAD」や「AND WE DANCED」なんかは、私的に思い入れが強い曲なので胸が熱くなるし、「THE SECRET SESSIONS(ACOUSTIC)」で聴ける「KARLA WITH A K」や「25 HOURS A DAY」あたりも心が和む。再結成作からの「I'M ALIVE」や「TIME STAND STILL」も両方のVerで聴けるが、どっちでも違和感の無い感じで、いかに楽曲が優れているかがよく分かる。
私的には、ドン・ヘンリーの「THE BOYS OF SUMMER」を入れるなら、1stアルバムの「WHERE DO THE CHILDREN GO」や、3rdアルバムの「HEAVEN LAUGHS」や「500 MILES」あたりを入れて欲しかったな...

しかし、自主制作のわりには音が綺麗なのはちょっと意外だった。出来れば来日してライブをやってもらいたいトコだけど、それが無理なら今度は映像作品でお願いしたいな。

「KARLA WITH A K」最新ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=FI_BdtpW-Fg&feature=related

MY SPACE(このアルバムから数曲聴けます)↓
http://www.myspace.com/thehooters
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

CARTESIAN DREAM / HOUSE OF LORDS (2009)

SENSORY LULLABIES:TRIBUTE TO JELLYFISH / V.A. (2007)

comment iconコメント

コメントの投稿