ザ・ミラクルザ・ミラクル
(2005/05/25)
クイーン

商品詳細を見る


今年の11月24日はちゃんとクイーンを聴いてフレディをトリビュートしましたよ。
私は、いつも何か聴くモノに困った時にはクイーンを聴く様にしている。答えは簡単、何度聴いても飽きないからだ。オリジナルアルバム全15作、どれをチョイスしても新たな発見があるのはホントに驚異的だと思う。
で、今回チョイスしたのは80年代最後のアルバム「THE MIRACLE」。

このアルバムは数あるアルバムの中でも比較的地味な部類に入るモノかと思われるけど、リリースされて今年で20年経った(!)のにも関わらず、今でも余り色褪せていないのは久々に聴いてちょっと驚いた。
実はこの時期はクイーンを聴いておらず、当時隆盛の極みだったHR/HM関係のアルバムばかり聴き漁っていたので、フレディ没後に聴いたのだけど相変わらず完成度が高くてさすがだな、と。

私にとって80年代のクイーンはアルバム単位で聴くよりも楽曲単位で聴く事が多かったのだけど、このアルバムだけは例外で、アルバム単位で聴くべきだと思っている。
畳み掛ける様に進んで行く「THE PARTY」~「KHASHOGGI'S SHIP」のポップ感、続くタイトル曲の綺麗なメロディから一転ヘヴィなHRスタイルの「I WANT IT ALL」、モダンでダンサブルな「THE INVISIBLE MAN」。この前半の構成はホントに完璧じゃないか、と。
後半にも「BREAKTHRU」やヘヴィなスタイルの「WAS IT ALL WORTH IT」などの良曲があってバランスの良さが光る。「RAIN MUST FALL」なんか、偶然にも後にフレディ・マーキュリー・トリビュートの時にボーカルを務める事になるジョージ・マイケルの歌い方にそっくりでビックリした。
「THE MIRACLE」のビデオクリップでは、オーディションで選ばれた子供ヴァージョンのクイーンが演奏するシーンがほぼ使われているのだけど、コレにはホントに脱帽。パフォーマンスが本家そっくりで何度見ても笑ってしまう。

この時に、クイーン史上初めてアルバムの作曲クレジットがクイーン名義になってるいるのだけど、これは印税がきちんと4等分される事を狙った事らしい。以前からジョン・ディーコンはこの事が不満だったらしいし。
だけど、どの曲を聴けば誰が主導権を持っているかは明確なのがこのバンドの面白いトコで「THE MIRACLE」はフレディ、「I WANT IT ALL」はブライアン...ってな感じで一”聴”瞭然(笑)。

しかし、この時点で次作がフレディ在命最後のアルバムになるとは全く思ってもいなかったな。「INNUENDO」が遺作という事でクローズされる事が多いので、どーしてもこのアルバムが希薄になってしまいがちだけど、だからこそ先入観を持たずに気楽に聴けるという意味で本作の価値があると思う。

「I WANT IT ALL」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=hFDcoX7s6rE&feature=fvw

「THE MIRACLE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=2DaY8-Mui0I

「BREAKTHRU」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=CEjU9KVABao&feature=channel
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

EXPOSED / VINCE NEIL (1993)

OUTRAGE / OUTRAGE (2009)

comment iconコメント

コメントの投稿