FC2ブログ

ExposedExposed
(2004/11/02)
Vince Neil

商品詳細を見る


前々から興味があったんだけど、なかなか現物を売ってるのを見た事がなく、しかもネットでも見つからなかったモトリー・クルーの自伝「THE DIRT」。
デビュー当時からオリジナルメンバーに戻るまでの経緯を記したこの本、翻訳されたら絶対に買おうと思ってたのに、気が付いたら絶版状態で何処にも売ってなかったのだけど、市内の本屋で偶然発見。また以前はなかった密林サイトでも、いつの間にか5冊も入荷してるし。

ともかく、購入して読んでいる最中だけど、これが非常に面白い。4人の証言はもちろん、当時の関係者の話など興味深い話が満載で、全く飽きない。メンバーの人物像もはっきり分かるけど、ヴィンスがあんなに喧嘩っぱやいとは思わなかったし、ニッキーは意外とネガティヴ思考、トミーはあのまんま(笑)、ミックは凄く良い人って印象かな。

とにかく壮絶過ぎる話ばかりで、ヴィンスの事故でハノイ・ロックスのラズルが亡くなった話や、ヴィンスの娘の闘病話、ニッキーの一連のドラッグ話、トミーのパメラ・アンダーソンへのDV→逮捕話、ミックの闘病話、ジョン・コラビの話など、よくもまあこんなに逸話があるモンだ...と感心することしきり。本屋で見かけたら是非一読を。

その読んでる最中のBGMは勿論モトリーなんだけど、このアルバムも久々に引っ張り出してみた。「Dr.FEELGOOD」のツアー後、ヴィンスが解雇された後に作られたソロがこの「EXPOSED」。

本家モトリーの新作よりも先に発売されたこのソロは、かなり完成度が高い作品で、発売当初はそれこそ毎日聴きまくっていたのを覚えている。後の「MOTLEY CRUE」アルバムと比べると(あれはあれで大好きな作品だけど)モトリーらしさといったらこっちに軍配が挙がる。「Dr.FEELGOOD」の次に来るのがこの作品だったら、歴史は変わっていたかも知れないかな?

ヴィンスがパートナーに選んだのは、当時ハノイ・ロックスのマイケル・モンローとエルサレム・スリムなるバンドのデビューを控えていた元ビリー・アイドルのスティーヴ・スティーヴンスだったけど、これが意外に相性抜群で驚いた。
勿論モトリーそのまんまという訳ではなく、もっと歌に重点を置いた感じでヴィンスの個性を十分発揮しているトコから、本当の意味でのソロ作品と言えるかも。
お気に入りは、スリリングな「LOOK IN HER EYES」、ちょっとアダルトな雰囲気な「LIVING IN A LUXURY」、あからさまな元バンドメンバーへの当て付け(苦笑)「SISTER OF PAIN」「CAN'T HAVE YOUR CAKE」、確か映画の収録曲だったパーティーソングの「YOU'RE INVITED (BUT YOUR FRIEND CAN'T COME)」。

今聴いても十分に楽しませてもらえるアルバムかと。今のモトリーがヘヴィな硬派路線でちょっとイメージから外れている感があるので、ヴィンスにはまたこんな感じのソロアルバム作ってくれると嬉しいんだけど。

しかしラズルの件といい、マイケル・モンローはヴィンスに煮え湯飲まされっぱなしで、心中察するトコだよなあ...

「CAN'T HAVE YOUR CAKE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=DavDo2PYilk

「YOU'RE INVITED (BUT YOUR FRIEND CAN'T COME)」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=-qBg1cWpaEE&feature=related

「CAN'T CHANGE ME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=K8otDgKCvyA&feature=related
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

このバンドのこの1曲 Vol.3

THE MIRACLE / QUEEN (1989)

comment iconコメント

コメントの投稿