スティル・ゴット・ザ・ブルーズ(紙ジャケット仕様)スティル・ゴット・ザ・ブルーズ(紙ジャケット仕様)
(2008/10/29)
ゲイリー・ムーア

商品詳細を見る


噂によると、約20年振りにゲイリー・ムーアの来日公演が決まったみたいですね。日程を見てないんで何とも言えないけど、土日があるなら是非行きたいなあ。
しかし、観客の動員に関しては音楽性によっては明らかに差が出るという事。すなわち、HR/HMスタイルなのかブルーズ路線なのか?
ここ数年の活動を見てると、明らかにブルーズ路線である事は間違いないかなあ...でも、数年前に「モンスターズ・オブ・ロック」でのライブ盤が発表された時はHR時代で固めたセットリストだったから、もしかしたらもしかしたりする??
そんなブルーズ路線を推し進めたアルバム「STILL GOT THE BLUES」を今回はチョイス。

当時のインタビューでは、原点回帰となるこのアルバムは1回だけの企画モノ...という触れ込みだったのに、このアルバムの売り上げが自身の過去最高となってしまった為、御大は「やれる」と勘違いしたのか(苦笑)そのスタイルを継続。途中、スタイルの違う作品も数枚発表されたけど、基本はブルーズになってしまったのはHR/HM時代を愛するモノにとっては全くの予想外でもあり、残念でもあった。

御大自身にとっては、元々1つのスタイルに捉われる事が嫌いらしく(まあ、過去の活動を見てれば分かり易いけど/笑)そのHR/HM時代は「同じ事の繰り返し」としか思ってなかったみたいなので、こうなる事は必然だったのかなと今になって思うけど、当時は全く理解出来なかったなあ。

そんなブルーズ路線も、やはりこの1曲が決定付けてしまったんでしょうな。言わずもがな、タイトル曲の「STILL GOT THE BLUES」。これは当時20そこそこの私の心までも揺さぶってしまった名曲で、ブルーズを知らなくても泣きのギターと言うのはこういうモノなんだ!とバカでも分かる(笑)物凄いギターを弾いてます。ホントに当時は震えましたよ。
他にも、最初のシングルだったアルバート・キングとの競演「OH PRETTY WOMAN」のPVのカッコ良さ、アルバート・コリンズとの競演「TOO TIRED」、ちょっとシン・リジィっぽい雰囲気の「MOVING ON」、ジョージ・ハリソンの「THAT KIND OF WOMAN」や御大の師匠格でもあるピーター・グリーンの「STOP MESSIN' AROUND」など聴きどころ、豪華なゲスト陣など話題に富む作品だったなあと。

今聴くと、さすがに本格的なブルーズというよりはブルーズロックなのだけど、それでもやっぱ渋いなあ。ギターの音の太さがHR時代の名残を残してるのが嬉しかったりする。

「OH PRETTY WOMAN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=J6oDdgrbmeE

「STILL GOT THE BLUES」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=4O_YMLDvvnw&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NON STOP ROCK 'N' ROLL / WIG WAM (2010)

PYROMANIA / DEF LEPPARD (1983)

comment iconコメント

コメントの投稿