レッド・ツェッペリン DVD 初回限定生産レッド・ツェッペリン DVD 初回限定生産
(2003/06/11)
レッド・ツェッペリン

商品詳細を見る


しかし、カテゴリー別(ミュージシャン別)があるのはホントに良いモノですなあ。
以前は「このアルバムってレビューしたっけ?」と思ったら、過去のレビューを辿ってチェックしてから書いていたので、かなり時間も掛かっていたけど、コレがあるとクリック一つでチェック出来るし(って、ブログ立ち上げた時に作れば良かったのだけど、ウェブログの設定が超面倒だったモノで...)。
それをチェックすると、絶対に書いたと思っていたハズのレビューが無かったのはちょっと驚いた。さすがに書いた記憶の無いレビューというモノは存在しなかったけど(笑)。でもまあ、これで改めてレビューが書けるのだから、近日中にでも書いてみるとしよう。

さて、この作品もそんな中の一つ。伝説的バンドであるレッド・ツェッペリンの映画とは違う映像集、その名も「DVD」。
このDVDを買うまでは、私はそんなに彼等のファンではなく、CDもベスト盤「REMASTERS」の2枚組を持っているだけだった。それも、超有名バンドのCDを1枚くらい持っているべきかな?的なノリだった。しかし、収録されて楽曲は超有名曲ばっかだったから、それなりハマって聴いてはいたけど。

このDVDを観て、何故未だに彼等を追い求めるファンがいるのかが、私にもよく分かった。それに以前から疑問だった、ツェッペリンが何故HMの括りで語られたのかもよく分かった(だけどメタルとは全然違うけどね)。それほどまでに強烈な印象を残す映像記録ではなかろうか。そのお陰でそれまでベスト盤しか持ってなかった私が、同時期にリリースされた紙ジャケ盤を大人買いさせるにまで至ってしまった。

初期のTV出演やPV(と意識して作ったモノではないと思うけど)、そして初期から後期までのライブ集で構成されているのだけど、ツェッペリンとはどんなバンドなのか?という問いに全ての映像が答えを出してくれている。
若い頃のロバート・プラントの声はホントに驚異的だし、ボンゾのドラムは最初っからあのスタイルが出来上がっていたのにも驚いた。勿論ジミー・ペイジのギターに関しては言うまでもなく(それが解散後にあんなになってしまうとは...)ジョン・ポール・ジョーンズの地味だけどバンドの基盤をしっかり作っている姿勢にも好感が持てる。ホントにこの4人じゃなきゃダメなんだな、とこのDVDを観て再確認した。

数年前に再結成の噂があったけど、そのオファーを蹴ったプラントは正解だと思う。ボンゾのいない3人だけではこの世界は絶対に作れない。ペイジ・プラントは、2人で過去の楽曲をアレンジして再構築したモノだからバンドとは別物と考えてるから良いとしても、ツェッペリンの名を使うのはもう無理だと思う。

過去のバンドが数多く再結成を果たしても全盛期を絶対に超えられないのは、やはり当時の勢いというモノがあるからで、そういった意味でもこのDVDの価値は、ツェッペリンを愛する者にとって国宝級のモノだと思う。

I CAN'T QUIT YOU BABY (ROYAL ALBERT HALL:1970)↓
http://www.youtube.com/watch?v=FX_cixaPHbA

SINCE I'VE BEEN LOVING YOU(MADISON SQUARE GARDEN:1973)↓
http://www.youtube.com/watch?v=wEiyGgWt6no

ACHILLES LAST STAND (KNEBWORTH:1979)↓
http://www.youtube.com/watch?v=U8ZeZ_VO8AU&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SOLITUDE STANDING / SUZANNE VEGA (1987)

BLACK LEATHER MOJO / SILVER GINGER 5 (2000)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

確かに「格」が違いますね、コレ観たあとでこの前の一回だけの再結成ライヴ観たら悲しくなりました(それでも並のバンドが束になっても太刀打ちできないオーラが出てたし出来は凄い良かったですが)
白髪頭のジミー・ペイジさん観て「歳には勝てないか~」とか本当に思いました。
思ったよりジョン・ポール・ジョーンズさんだけは変ってなかったですが・・。

2010年02月15日 23:53

comment avater

K.A.E.

あの再結成ライブ、ジミーさんは内田裕也に見えてしまいました(爆)。

それはともかく(笑)あの時のギターの音は今風のぶっ太い音でごまかしてた気もしますが、思ったよりもカタチになってたんで、それだけが救いでしたね(ライブエイドの失態は免れましたし)。
なので、あの1回だけでもう十分ですね、個人的には。このDVD観てしまったら、もう絶対に再現は無理ですよ。

2010年02月16日 12:40

コメントの投稿