トウキョウ・スーツ・ミー ~ライヴトウキョウ・スーツ・ミー ~ライヴ
(1999/01/30)
ワイルドハーツ

商品詳細を見る


ここのトコ、昔のHR/HMを聴き続けている為かテンションが上がる様なモノを求め続けており、正にミュージックジャンキーと化しているのだけど、このアルバムも久々に聴いたら当時のライブを思い出して懐かしくなった。ジンジャー率いるワイルドハーツの1998年一度目の解散ライブの模様を収めた「TOKYO SUITS ME」。

タイトル通り、東京の赤坂ブリッツでの最終公演の音源なのだけど、私はこのライブの2日前のライブに足を運んでいた。
当時、ハマるにハマっていたバンドの涙の解散公演とあっちゃあ行かない訳にはいかず、平日公演でありながらもチケット取った訳だけど、その理由はもう一つある。それは日にちによってサポートアクトが付いており、最終日はヘラコプターズが務めて、私が観た日はデヴィン・タウンゼント率いるストラッピング・ヤング・ラッドだった。「CITY」をリリースした後のライブで非常に観たかったので、ホント嬉しかったなあ。
勿論、ライブは荒れて最高だった。オープニングでいきなりジンジャー乱入して「ALL HAIL THE NEW FLESH」をカマしたのはマジでカッコ良かったし。

しかし、肝心のワイハのライブは曲を追う毎にジンジャーの機嫌が悪くなってしまい、早くも3曲目あたりでマイクスタンドに頭突きを食らわせていたり、かなり投げやりだったのが観てて良く分かったくらい。セットリストも短く、アンコールも一応デヴィンと「SUCKERPUNCH」競演したけどさっさと引き揚げてしまった。
「日本でのライブは特別だから」...とあれほど言ってたジンジャーが、あれほど雑で怒りを顕わにしたライブはこの時が初めてだったのではなかろうか?まあ、逆に珍しいモノを見せてもらったが...(苦笑)

そんな経緯があったお陰か、このライブ盤での演奏は意外にタイトにまとまっている。音質に関してはお世辞にも素晴らしいとは言えないけど、逆に臨場感があって良いと思う。ワイハに綺麗な音質なんて最初っから求めてないし(笑)。また初回盤には、別のクラブハウスで行われたアコースティックライブの模様を収めたディスクも付いていた。珍しい「CAFFEINE BOMB」のカントリーverや、B面曲の「MINDSLIDE」を観客と掛け合ったりと、なかなか楽しいドキュメント(と呼ぶのが正しいかと)となっている。

結局は今現在も活動しているワイハだけど(爆)この時はちょっと感傷的で、その後の復活やソロやシルヴァー・ジンジャー5などの活動を考えると、やはりワイハはこの時に一呼吸置くのが良かったんだろうなあ。

「I WANNA GO WHERE THE PEOPLE GO」1997.東京 赤坂ブリッツ↓
http://www.youtube.com/watch?v=DBGJ499WKx0

「SICK OF DRUG」1997.東京 赤坂ブリッツ↓
http://www.youtube.com/watch?v=pmFkGQtrfCg

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NEVERLAND / LOS ANGELES (2010)

このバンドのこの1曲 VOL.5 (HM/HRバラード編)

comment iconコメント

コメントの投稿