栄光への闘争~ノー・ガッツ、ノー・グローリー栄光への闘争~ノー・ガッツ、ノー・グローリー
(2010/03/10)
エアボーン

商品詳細を見る


発売日からちょっと間が空いてしまったけど、タワーレコードのポイント3倍日に合わせてエアボーンの2ndアルバム「NO GUTS. NO GLORY.」(邦題:栄光への闘争)を購入。
前作からちょっと長めのインターバルだったけど、ツアーが長引いたりボーカルが喉壊したりと色々あってこの期間で、それだけ待った甲斐のある作品となっている。
既に密林サイトで試聴していたので大体の流れは分かっていたけど、今回も相変わらずのボン・スコット時のAC/DCタイプで全く期待を裏切ってなかったのが非常に嬉しい。

まずジャケットのダサさが何とも言えない(笑)。前回のヤツも如何にもB級メタル系なノリだったので、バンドのポリシーがあるんだろうな、多分(爆)。今回のは更に輪を掛けてダサくなっている。しかも何気にトレーラーの運ちゃんがPVにもゲストで出てたレミー御大だったりするし。

楽曲に関しては、前作に感じられた所々におっ!と感じさせる小技が幾分減って、単に勢いに乗ってアルバム全部一気に聴かせてしまう感じに思えた。このテのバンドにはそれが一番重要な要素だと思ってるので、それはそれで大いに歓迎すべき事だけど。あと、思ったよりもミドルテンポの楽曲が多く、あと2~3曲疾走感のある楽曲が欲しかったかな。
何度も繰り返し聴いて気に入ったのは「BORN TO KILL」「HARD WAY BUT THE HARD WAY」「RAISE THE FLAG」「BOTTOM OF THE WELL」「IT AIN'T OVER TILL IT'S OVER」「GET BUSY LIVIN'」あたり。

あとはやはりライブが観て見たいなあ。前作ではラウドパークとバックチェリーとのカップリングだったので断念したけど、今回は単独で是非お願いしたい。場所もアリーナよりもクラブ向けの様な気がする(でもO-EASTは勘弁/苦笑)。

「HARD WAY BUT THE HARD WAY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=4DHHv5OuEzY

「BOTTOM OF THE WELL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=sOtMJWmcHRg&feature=related

「BORN TO KILL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=FIzdAY9MskI&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AD ASTRA / SPRITUAL BEGGARS (2000)

TONIGHT / DAVID BOWIE (1984)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

今回のジャケもレジに持って行きにくいですね~、しかも意図的に笑わせてるとしか思えない(笑)。未だ私は遅れて買った1作目も聴き込み中なんでもうちょっとしてから買おうかと思います、ミドルテンポの楽曲が多いとの事ですがこういうバンドにとっては痛いですね、買うのは一応視聴してからにしましょうか。

2010年04月06日 20:03

comment avater

K.A.E.

いや、ミドルテンポでも楽曲に魅力があれば苦にはならないので、このテの音でも十分イケると思いますよ。よりAC/DC化してますし(笑)。ただ曲調が似通ってしまうのは歪めないですけどね。

確かに、一応試聴してからの方が無難ですが、やはりこのテの音からは無視出来ない性質なんで(笑)購入するまでの期間に禁断症状が出るかと思いましたよ(爆)。

2010年04月06日 23:37

comment avater

ume

今回も試聴しましたがやっぱり格好良いですね。
でもこの間のAC/DCのライブで彼らの偉大さを実感し過ぎたせいで、似ているAIRBOURNEの新譜購入に躊躇しちゃってます(苦笑)
まぁ そのうち買うと思いますが・・・

2010年04月09日 00:15

comment avater

K.A.E.

AC/DCの比較うんぬんは、音楽性変えない限りはこれからも続くでしょうね。まあ、それが無くなってしまったら、もうバンドの個性も何も無くなってしまいますが...(苦笑)
でも、この路線だからこそ安心出来る訳で、1stと比べると安定期に入ったのかな?と思わせる部分もありますが、普通に”買い”の作品である事は間違いないですよ。

2010年04月11日 18:36

コメントの投稿