狼牙生誕!狼牙生誕!
(2007/09/05)
ウルフマザー

商品詳細を見る


今日は特に何もする事が無かったので、スピリチュアル・ベガーズの中古CDでも探しに行こうと市内から外れたブックオフにチェックしに行った。
私が住む宇都宮市は栃木県のほぼ中央に位置するので、そこから向かう先によってブックオフの有無も変わってくる。今までの経験を生かしHM/HR系が多い北西に行って2軒チェックしたのだけど、残念ながらお目当ては見つからず...
しかし、以前から探していたスローターの1stリマスター盤が帯付き¥950、そして今日のお題であるウルフマザーの1stが帯付きで¥500の破格値で売ってたので購入してみた。

たまに「このテの音が聴いてみたいけど、何かないかな?」と思うと、umeさんや某音さんのサイトで過去のレビューを参考にさせてもらってるのですが(ホントに助かってるんですよ!)そこで名前だけは知ってて音は聴いた事がなかったので、以前からちょっと興味はあったCDだった。
先月のCD屋の閉店セールにもこのバンドの2ndが半額で売られていたので、ちょっとどーしようか?と悩んでる最中に閉店してしまったので(...)今回のこの金額で気楽にチェック出来てホントに良かった。

さて肝心の音の方は、噂には聞いていたけど、ここまで世に出る時期を間違えたバンドはホントに珍しいのではなかろうか?と思うくらい、70年代HRを見事に再現している。一聴してまず思ったのはやはりブラック・サバスの影響が強いと思った。あと同郷のJETとか。
3ピースで(楽曲によってはオルガンが入るけど)ここまで音がブ厚いのも非常に好印象。やっぱこのテの音には、オルガンの音が程好い程度で鳴っているのは心地良くて良いですなあ。
ただ、ジャケがちょっとB級HM系っぽいんで、普通にプッシュされないで発売されていたらまず間違いなくスルーしてしまう作品だったと思う。i-podのCMで「LOVE TRAIN」が使われていたと言うけど、ちょっと記憶なかったし。

このアルバムのみでリズム隊が脱退してしまった...って非常に勿体無いなあ。まあ、無事2ndも発売されているのでバンドとして存続しているのは(後追いながらも)嬉しい限り。お金に余裕があった時にでも2ndも聴いてみたいな。
しかし、最近のオージー産バンドはかなりハイレベルなモノが多くて凄いなあ...と改めて思った次第。次のアルバムではガツンと来るキラーチューンが欲しいトコですな。そしたら一気に人気に火が点きそうだし。

「LOVE TRAIN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=2rGaICcf21I&feature=fvsr

「WHITE UNICORN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=iDhx2eJVr4M&feature=related

「WOMAN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=VS8En23fZRE&feature=fvw

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ASSEMBLAGE / JAPAN (1981)

PAYIN' THE DUES / THE HELLACOPTERS (1988)

comment iconコメント

comment avater

ume

いろいろと参考にして頂き、有難う御座います。
このアルバムも発売当時結構聴いてました。
モロ私の好みの音ですし(笑)

フェスで見たライブもすごく良かったので、実力は間違いなくあるバンドです。
ちなみにオルガンはベースの人がライブでは弾いてました。
2ndもそのうち買おうと思ってます。

2010年04月11日 23:05

comment avater

K.A.E.

こういうレトロちっくなバンドが活躍出来る現代も、なかなか捨てたモンじゃないですよね。
オルガンはベーシストが弾いてるんですか。なら、ホントに3ピースで演ってるんですね。
2ndアルバムも是非聴きたいですが、PC買い換えてしまったのでお金が無いんで、安値になった時にでも辛抱強く待ちたいと思います。まずはこの1stを聴きまくるのが筋ですけどね(笑)。

2010年04月16日 13:37

comment avater

某音楽馬鹿

本当に最近のバンド聴いてる気がしなかったです、最初聴いた時は・・。
でも今後、何かやってくれそうな雰囲気満々でした。
次の2作目はレトロ風味(というかモロに他のバンドの影響)が薄れて独自の路線を見つけたような印象でした。
ますます今後が楽しみなバンドです、2作目、「買い」ですよ~」。

2010年04月21日 21:15

comment avater

K.A.E.

ホントに、聴けば聴くほど面白いバンドですよね。
古臭い音を現代の解釈で演る...本国や他国では一体どんな位置付けなんですかね?ブラック・クロウズみたいなその辺りと同系列なんですかね?
系列は若干異なりますが、先日書いたスピリチュアル・ベガーズも同じ解釈ですが、こういうバンドを今の年齢で楽しめるのもまた幸せだったりする訳で...まあ、歳もそれだけ取ったという事ですが(苦笑)

2010年04月21日 23:10

コメントの投稿