Up from the AshesUp from the Ashes
(1997/10/21)
Don Dokken

商品詳細を見る


遂に3度目となる、ドッケン再々結成。ここまで来ると呆れてモノも言えないけど、やはりこの4人じゃないと...という思いがそれぞれにあるんだろうなあ。
今回はジョージ・リンチがドン・ドッケンに擦り寄ってきた感じみたいだけど、元はと言えば前回の再解散の時はジョージからバンドを離れていったんじゃなかったか~?
正直、今オリジナルメンバーの4人が集まったトコで全盛期の音の再現は無理だろうから、過剰な期待はせずに生暖かく見守るつもりだけど、私のこんな醒めた感情を真っ向から否定する様な作品作ってくれたらホントに凄いんだけどなあ。とりあえずは近日発売の再録ベスト盤がどんな出来になってるか?で期待度が違ってくるかな。

そんな彼等の鍵を握る男、ドン・ドッケンの1stアルバム「UP FROM THE ASHES」。
当時は、あれほど大好きだったドッケンがソロになってどんなモノを提示してくれるのか非常に楽しみにしていたのだけど(勿論、リンチ・モブも)初めて聴いた時は「何か足りないなあ」という思いが強かった。

集めたメンツが豪華で、元ヨーロッパのジョン・ノーラム、元キング・ダイアモンドのミッキー・ディー、元アクセプトのピーター・バルテス、そして無名の(元ウォッチタワーという肩書きがあるけどマイナーなバンドなので)ビリー・ホワイトという布陣。
各バンドを知っていれば、これだけのメンツよく集めてきたなあ~と感心すると思うけど、幾らメジャーなプレイヤーを集めても楽曲に反映されなくれば全く意味が無い訳で、ドンにとっては自分のバンドだから好きにやるぜ的なノリなんだろうけど、2作目が作れなかった事情を見るとこれだけのメンツをまとめるのは難しかったんだと思う。

ジョージ・リンチはこのアルバムを「HM/HR版リチャード・マークス」と称したけど、それは結構言い当て妙かと。ただ、ドッケン最後のライブアルバム「BEAST FROM THE EAST」が演奏面を前面に出した音作りだったので(特にギター)その反動で、自分のアルバムくらいは歌を前面に出した音作りにしたのがこういう事を言われる原因になったのではなかろうか?私も、もうちょっと演奏面をラウドにした方がHM/HRのファン層にアピール出来たのでは?と思ったし。

「MIRROR MIRROR」「STAY」「LIVING A LIE」「CRUSH & BURN」「1000 MILES AWAY」あたりは大好きだけど、残りは普通な雰囲気なのが惜しい。ドンの実力ならばもうちょっと何とかなったのでは...と思わせるトコが、このアルバムの最大の弱点かと。

しかし、ドンの声の具合は大丈夫だろうか?昨年のラウドパークでのパフォーマンスはかなり評判悪かったみたいだし(太り過ぎと声量の無さ)。せっかくの再々結成なんだから、気合入れてリスナーを唸らせる様なアルバム作らないと自分で評価落とす羽目になるだろうから、ここは是非頑張ってほしいなあ。

「MIRROR MIRROR」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=BDM-7xUkjuo

「STAY」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=VIXGrCP0qOg&feature=channel
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

INFESTATION / RATT(2010)

TRIAL BY FIRE / JOURNEY (1996)

comment iconコメント

comment avater

ume

再々結成ですかぁ~
今のドン・ドッケンの歌ではいくらバックが良くても意味ないですね。
厳しい言い方かもしれませんが、プロとしての最低限の歌を歌えないのであれば、引退するべきです。
まぁ スタジオではちゃんと歌えるのならライブなしで続けるのもいいかもしれませんが・・・。

このアルバムに関しては私は大好きです!!
ちょうど青春時代に聴いてたアルバムだし、たしかにイマイチな曲も多いけど、良い曲もすごく多いので
好きな曲はK.A.E.さんといっしょですね。

2010年04月23日 23:57

comment avater

K.A.E.

昨日、CD買いに行った時に新録音のベスト盤が視聴コーナーにあったんで(Gはジョン・レヴィン)聴いてみたんですが、やはりダメダメでしたね。
ジョージ・リンチとジョン・レヴィンの比較ではなく、単にアレンジや曲の持つ良さが消えて、一体何処を楽しめば良いのか分かりませんでした。

umeさんの気持ちは分かりますね。醜態さらすなら引退した方がファンにとっても良い印象が残りますしね。何処かの書き込みで「槍を持った猪八戒みたいだ」とまで書かれてましたから...不謹慎にも笑ってしまいましたが(笑)。

ドンはジョン・レヴィンをどうするつもりなのか、そしてジョージにはリンチ・モブもあるし、ジェフ・ピルソンはフォリナーがあるから再々結成がこれからどんなカタチになるのか全く分からないですが、もうお茶を濁す事は出来ませんね。

2010年04月24日 20:29

comment avater

某音楽馬鹿

またですか~、再結成って、学習能力がないんじゃないかってくらいアホな事しますね、せっかく新作が良くて「やるじゃん」とか思ってたのに・・・、もう最初から仲悪いんだから無理しなくても・・って思いました、私は。
ひょっとしてRATTみたいな新作作るのかもしれませんが(可能性は限りなく低いですが)、もう1回だけ買ってあげますんで、まぁ頑張ってくださいませ。
解散後はジョージ・リンチさんとやってない方が良いアルバム作ってますよね、正直なところ。
このアルバムも大好きでよく聴いてました。

声、本当にダメなんでしょうか、最近はライヴもベストも聴いてないんで何とも言えませんが、心配です。

2010年05月10日 20:27

comment avater

K.A.E.

某巨大掲示板でのドンの声に関しては酷い言われっぷりですからねえ~。もはや「鼻歌でも良いんじゃないか?」とか(笑)。
でも、先日視聴コーナーでのリメイクベスト盤聴いても、声の衰えが感じられてちょっと厳しいですよ。ジョージ戻して何をやるにしても、まず歌えなきゃ意味が無いですから。
個人的には時代に沿った音作りするくらいなら、RATTみたいに当時の雰囲気を兼ね備えて作ってくれないとまたダメになりそうですしね。

2010年05月12日 12:55

コメントの投稿