ベスト・オブ・ディオ・イヤーズベスト・オブ・ディオ・イヤーズ
(2007/04/25)
ブラック・サバス

商品詳細を見る


先週は色々と忙しくて、ブログ更新する暇が無かった中、週初めにロニー・ジェイムズ・ディオが死去という悲劇が起きてしまった。
正直に語ると、ここ数年ディオの音源は殆ど聴いておらず、昨年発売されたヘヴン&ヘル名義の「THE DEVIL YOU KNOW」も購入してなかったので、数曲のみでまともには聴いていなかった。
なので、こういう追悼というカタチで聴く事になるのはロニーに対して凄く失礼にあたるとは思うけど、改めて聴こうと思っても昔はカセットのみで持ってたので、ディオのCDはブートのみしか持っておらず、直ぐに某密林サイトにてRHINOリマスターのベスト盤を注文した。

で、このCDは先日図書館で借りたモノなのだけど、ロニーがサバスに復帰した際に作られたロニー在籍時の3枚(「HEAVEN AND HELL」「MOB RULES」「DEHUMANIZER」)から選曲されたベスト盤。この後にオジーが(と言うかシャロン・オズボーン)「オリジナルメンバーのみがサバスを名乗る権利がある」とトニー・アイオミを訴えた為に、ブラック・サバス名義では最後になってしまった曰く付きのアルバム。

手っ取り早くロニー時代のサバスを知るには非常に分かりやすくて良い作品だと思う。ボーカルが変わったお陰でバンドの雰囲気も若干変わったのがよく分かるし。
私はオジー期もロニー期もトニー期も好きなので、どの音楽性が好きかと問われても同じ答えしか語れないのだけど、ロニー期はオジーのドロドロとした呪縛性と、トニー期の洗練された様式美が良い具合に混ざり合わさった時期だったと思う。
発売当時は賛否が多かった「DEHUMANIZER」の楽曲も、こうして1枚に収められるとそんなに違和感が無いのもちょっと驚いた。
あとはリマスター効果のお陰で、随分音質がクリアになり聴き易くなったのも特徴的。ラスト3曲の新曲も、如何にもディオの為に作られたスタイルなので、安心して聴ける。

改めて聴いてみて、彼が残した楽曲群がHM/HRの世界にどれだけの影響をもたらしたかを存分に知ら示された。こうしたカタチで聴くなんて、今は本当に後悔の気持ちで一杯だ...

「HEAVEN AND HELL」(ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=NUJH7y1yK_E

「MOB RULES」(ライブ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=Rajfsx0sUnU

「TV CRIMES」(PV)↓
http://www.youtube.com/watch?v=cyllLXM4iKE
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

NITEFLYTEⅡ / NITEFLYTE (1981)

THE STORY OF ANVIL / ANVIL (DVD:2010)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

週末は私も持ってるロニーさん関連のCDとアナログ盤全部聴いて過ごしました(ラウドっぽい時代のDIOは売却済みだったんで聴けませんでしたが)、改めて聴くとディヒューマナイザーってかっこいいアルバムでしたよね~プロモクリップはアレですけど(何?)「TV CRIMES」も凄い良いし(この時はDIOさん声出まくってました)。

話は変りますが、今私は左手の神経痛めてて小指と中指がちょっと麻痺してるんですが、左手だけ「メロイック・サイン」が出来ない事に昨日初めて気付きました(笑)、日常生活では全然不自由してないし、リハビリでちょっとずつ良くなってきてはいるんですが、40近くでメロイック・サインする機会も無かったんで・・・「そういえば出来へんやん!!」って。
重いものが持てなかったり、キーボード打つのが遅くなったりしてるのには全く気にならなかったのにメロイック・サインができないのに気付いてショックを受けてるのはメタラーとして末期でしょうか?、週末DIOを聴きながら練習していくらかできるようになったのには自分でも呆れましたが(笑)。

2010年05月24日 00:21

comment avater

某音楽馬鹿

実は陰陽座の黒猫さまもロニーさんのファンです(去年のライヴで曲中にHEAVEN AND HELLのフレーズを歌うくらいに)、ブログでも追悼の言葉を書かれてましたし。
と言う事でロニーさんには陰陽座のこの曲を(勝手に)捧げたいと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=NzDHgvSOcFI
「星の宿り」

http://nekomamma.jugem.jp/
猫様ブログ「ねこまんま通信」

2010年05月24日 00:45

comment avater

K.A.E.

「DEHUMANIZER」は、当時のスタイルとそれまでのバンドのイメージとがかち合わなかったんでしょうね。特に「HEADLESS CROSS」や「TYR」のイメージとは完全に別モノですし。あとはジャケットがなあ...(苦笑)

陰陽座のこの曲、美しいという言葉がピッタリですね。このバンドは以前からまともに聴いてないので、レンタル屋にCD置いてあったらそこからチェックでもしてみたいと思ってます。因みにアルバムだとどのタイトルがお勧めですか?

しかし「日常生活では支障ないのに、メロイックサインが出来なくてショックを受ける」って...(苦笑)でも、如何にも某音さんっぽいですね。さすがに私も日常生活でメロイックサインをする機会は全くないですが(笑)。
以前ライブで肋骨にヒビが入ったとか、かなり身体を酷使されてる様ですが、どうか無理せずに...

2010年05月26日 12:34

comment avater

某音楽馬鹿

メロイックサイン、なんとか出来るようになりました(笑)、リハビリで「小指を重点的にお願いします」とか言ってます、理由は絶対知られてはいけませんね(笑)、もうその病院行けなくなっちゃいますから。

陰陽座はもし聴くなら最近のでは、じっくりと美しいメロディに酔う「金剛九尾」かおどろおどろしい楽曲を堪能できる「魑魅魍魎」をお勧めしていきます。
一番のお勧めはライヴDVD「天下布舞」ですけどね~、CDだけでは私もこんなにはハマらなかったバンドです。

2010年05月29日 00:26

comment avater

K.A.E.

お勧めありがとうございます。DVDは置いてあるかどーか分かりませんが、とりあえずチェックしてみますね。
...しかし、メロイックサイン(笑)。小指を重点的に...って、医者も何で小指?って思ってますよね、絶対(爆)。

2010年05月29日 21:08

コメントの投稿