ナイトフライトII(紙ジャケット仕様)ナイトフライトII(紙ジャケット仕様)
(2008/05/07)
ナイトフライト

商品詳細を見る


先日書いたロニー・ジェイムズ・ディオの悲報の衝撃からまだ落ち着きを取り戻してないところに、今度はスリップノットのベーシスト、ポール・グレイがホテルで遺体となって発見されるというこれまたショッキングな話が入ってきた。
ロニーの場合は年齢も年齢だし仕方ない部分があるにせよ、今回のポールは現在活躍しているミュージシャンと言うのがポイント。過去にドラッグでパクられた過去を持つので、どうやらドラッグの過剰摂取の疑いがあるみたいで「やっちまったなあ」ってな感じ。
スリップノット自体、私はファンではないので思い入れは無いけれど、こういう話を聴くと切なくなってくる。スリップノットの楽曲を手掛けるメンバーだったらしいので、バンドにとっては大きな損失だろうなあ...R.I.P.

さて今日のレビューは、先日某音さんからアース・ウィンド&ファイアーのコメントで勧められたナイトフライトというバンド(プロジェクト?)の「NITEFLYTEⅡ」。
私は全く知らなかったのだけど、某音さん曰く「AOR関連ガイドには必ず載ってる作品」との事で、よく本屋でそのテの本が置いてあるのを見掛けるけど、そこまでチェックはしてなかったから全く知らなかった訳で。しかも発表が1981年なので、既に30年近く経っているし。

で、紹介されたYOU TUBEをチェックしてみると、これが見事にツボなAOR作品でして...一聴して直ぐに惹き込まれましたよ。TOTOの1stアルバムに入っていてもおかしくない様な、アーバンな雰囲気を感じさせる大人の音楽という感じで。普段HM/HRばかり聴いてる耳には、音自体やってることは古臭くても物凄く新鮮に感じられた。

そこでCDを探して、Eブックオフにて中古紙ジャケ盤が\1480で売ってたので、早速購入。今聴きながらこの文章書いてるのだけど、全8曲でトータルランニングが32分弱なのでアッという間に終わってしまう。
しかしどの曲も完成度は高く、真夜中のドライブやリラックスしたい時には打って付けの作品かと。ただ、これから夜勤に行く身としては、聴くタイミングを思いっ切り間違えてますけど...(涙)
ただ、苦言として3曲目の「SHOOT FROM THE HIP」は、正直微妙。2曲目の「YOU'RE BREAKING MY HEART」が素晴らしい余韻を残してくれているのに、いきなりの能天気レゲエナンバーを持ってくるかね、普通?はっきりいって蛇足的なモノかと。

まあ、何はともあれ、これから長い付き合いになりそうな作品である事は間違いない。この作品を勧めてくれた某音さんにはホントに感謝です!

「YOU ARE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=N-QHRswbdEY&feature=related

「ANYWAY YOU WANT」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=OUnB4ySqPfs
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE GUESSING GAME / CATHEDRAL (2010)

THE DIO YEARS / BLACKSABBATH (2007)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

スリップノットは何気にあの大人数で結束が固かったんで今後が心配です、あとロニーさんの件は何か納得いかないですね~、'80年代にあれだけ無茶やってたオジーさんやヴィンス・ニールさんがソロ作を元気に出すのに、人一倍健康に気を使ってたロニーさんがあんな事になるなんて・・。
昔オジーさんが、インタビューで、無茶やってるのに何で今も生きてるんすか?っていう聴き方によっては非常に失礼な質問に「人は神様からもらった小切手帳を何かあると使う、そしてそれが無くなったら死ぬ、私の小切手帳は人一倍ブ厚いのかもね」って答えてて、(納得いかねぇ~)って思った事あります(笑)。

それはさておき、ナイトフライト買われましたか、早っ!(笑)、なんかK.A.E様の好きそうな感じのだったんで紹介したんですが、気に入って頂けたようで何よりです、でもまた余計なお金使わしてしまいましたね、ごめんなさい(笑)、まだ色々隠し弾があるんですが、これ以上紹介すると家庭崩壊されたら困るんでそのうち小出しに・・・という事で(爆)。
あと、1枚目も出してますが、私は視聴してコレは会わないかな~と思って買ってません、1枚目、もし買われるなら要注意です。

2010年05月29日 00:16

comment avater

K.A.E.

いえいえ、この作品はホントに勧めてもらって良かったですよ。最近は余りしませんが、休日前の夜中のドライブのお供にぴったりじゃないですか?(気分はそれだけでマイアミバイスみたいですし/笑)
はたまた、当時の言葉で語ると「ナウなヤングとディスコでフィーヴァー」みたい感じじゃないですか(←意味不明)。また色々と紹介してください。

CDを購入する前に、とりあえず視聴を...って事で某密林サイトや某MVサイトでチェックしてたんですが、その時に1stも一緒に視聴してみたトコ、やはりこの2ndほどの完成度は無い感じでしたね。しかし、数曲は良い感じだったので、お金がある時にでもチェックしたいですね。某MVではまだ紙ジャケ置いてあるみたいですし。

しかし、オジーはそんな事言ってたんですか!確かにオジーの方が先の雰囲気はありましたね(モトリーの自伝でも物凄い話がありましたし!)。
でも不仲が伝えられてたのに、ちゃんと弔いの言葉を送ったのはさすが大御所ですね。かつての盟友が自殺してしまったというのに、何処かのブタ伯爵は一切コメント出さないって、なんと器の小さい事...

2010年05月29日 21:26

comment avater

某音楽馬鹿

「ナウなヤング」ですか!(笑)確かにそういう雰囲気ありますね、実家から海が近いんで海に行って聴いてもいいかもです(職務質問されそうですが)、マイアミ・バイス!、言われて見ると確かに!そういう感じもするかも!。

2010年06月01日 00:09

コメントの投稿