メトロポリスメトロポリス
(2010/05/19)
FM

商品詳細を見る


昨日のカテドラルと一緒に購入したのがこのFMの最新作「METROPOLIS」。再結成後初の作品、前作からのブランクから数えると実に14年振りになるそうだ。正に待望の新作...と言ったトコで非常に嬉しい。
当初は再結成ライブ1回のみ復活、とアナウンスされていたので新作の期待など全くしてなかったけど、こうして復活してくれただけでも感慨深いモノがあるなあ。ただ、オリジナルギタリストが抜けてしまったみたいで残念だけど。

この新作の話を最初聞いた時、音楽的な方向性は初期のスタイルになると噂されていたけど、実際にアルバム聴いてみると決してそんな事はなく、かといって後期の激渋路線かと言われるとそうでもない。その中間を狙ったスタイルに落ち着いた様だ。
初期にあった華やかなキラキラしたポップ系は皆無で(日本盤ボーナストラックの「KISSED BY AN ANGEL」が近いかな?)疾走感のある楽曲よりもミドルテンポのメロディに重点を置いた作風は、今のバンドのスタイルに相当しいと思う。
やはり耳を惹くのは、相変わらず歌の上手さが光るスティーヴ・オーヴァーランド。少し声質が擦れ気味になってきたかな?と思わせるけど、またそれが味になってるのがニクい。インナースリーヴの写真で短髪になってるせいか、元サンダーのダニー・ボウズを思い起こさせる(お互い歌も上手いし)。

オープニングの「WILDSIDE」が地味にスタートする為、かなりあっさりした雰囲気で「復活したぜ!」というノリでないのが残念だけど、続く「HOLLOW」が穏やかでアーシーな雰囲気になるので、「TOUGH IT OUT」の頃の様なHRを期待すると肩透かしを喰らうと思う。私的には「OPEN」の頃のゴットハードを思い出したな。
しかし、3曲目の「UNBREAKABLE」が眉唾モノで、この哀愁を感じさせる楽曲のお陰で今作は勝負あった。後半にもさびのコーラスが爽やかな「BRING BACK YESTERDAY」や渋いバラード「THE EXTRA MILE」、これまたメロウな哀愁が胸を打つ「WHO'LL STOP THE RAIN」など、聴き所が多い。

正直、こんなに立派な作品が出来るとは思ってもみなかった。過去のアルバムの中でもこれほど充実したモノがあっただろうか?と思わせる様な作品だと感じた。
今の時代には余り歓迎されないスタイルなんだろうけど、このテの音楽を好むリスナーは絶対に少なからず存在するので、ずっとこのまま良質な作品を作っていってもらいたいなあ。ホント、サンダーの解散でもう十分だよ、あーいう悲しい思いするのは。

MY SPACE↓
http://www.myspace.com/fmukrock
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

W.E.T. / W.E.T. (2010)

THE GUESSING GAME / CATHEDRAL (2010)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

FMまで買われましたか(しかもカテドラルと一緒に(笑))、私は独身なんでまだ自由になるお金があっていいんですが(イイんか?)・・・大丈夫ですか?(笑)。
それはさておき、内容、イイですよね~、まさに私のツボを知り尽くしてるかのような楽曲達・・、それとスティーヴさんの素晴らしいVo。
決して派手ではないし、バカ売れする事もないでしょうが、こういう作品を地道に量産してくれればファンは必ず付いて来ると思います、私的には満点をあげたいくらいの復活作でした。

2010年05月31日 23:59

comment avater

K.A.E.

私も独身なので、自由になるお金はある程度なら大丈夫です(しかし彼女がいるんで、何かと出費がかさむんですよね...)。しかし、老後は間違いなくデンジャラスかと(爆)。そーなったら、どこかの小学校の校門前でヒヨコ売りと一緒にCD売るんで、何とか生きていけると思います(笑/ホントか?)。

月末に出た給料で既に新作4枚中古4枚買ってて、まだ手を付けてないのが3枚あるんで(FM、カテドラル、W.E.T.が余りにも素晴らしいのでなかなか聴けない/嬉涙)今月は中古でレアもの見付けない限りCD買う気は無いですね。DVDも未見がありますし。

しかし、ホントにこのアルバムには恐れ入りましたね。ここまでやってくれるとは...過去の派手でキラキラしたサウンドが好きな人にはイマイチでしょうが、これは良い意味でバンドが進化を遂げた結果だと思ってます。次回作も同路線なら間違いなく買いですね!ヘンな色気を出してもらいたくないですね、このバンドには。

2010年06月01日 23:08

comment avater

某音楽馬鹿

そーでしたか~、では遠慮なく(笑)
手始めにこういうのはいかがでござるかな?
http://www.youtube.com/watch?v=-vyEPf8eXP0
http://www.youtube.com/watch?v=YvE0OopEryg
http://www.youtube.com/watch?v=CTGgahe4ATg

2010年06月07日 01:08

comment avater

K.A.E.

良いですねえ~。この人も全く知りませんでしたが、見事ツボですね。
声の雰囲気がTOTOのボビー・キンボールっぽくないですか?あと、ジャケットの雰囲気が2枚と比べると別人っぽく見えるのはアルバムの雰囲気を表わしてるんですかね?
先日のナイトフライト同様、この作品も1982年みたいですが、この時代のミュージシャンにはやはり血が反応してるみたいです。

2010年06月10日 13:57

コメントの投稿