W.E.T.W.E.T.
(2010/01/27)
ウエット

商品詳細を見る


昨年からずっと気になってたW.E.T.の輸入盤がやっと届いた。
まあ、暫くネットや店頭で探してたいたのだけど、全然見つからず(イット・バイツのライブの時に渋谷のブックオフで中古の国内盤を見付けたけど、金額がそんなに下がってなく、しかも探してたのが輸入盤だったので却下)結局、アマゾンで気長に待つか...と思って注文したのは良いけど、2~3週間掛かると書いてあったのに、実際は10日程度で届いてしまった。
HMVだと入手困難の表示だったし、ディスクユニオンでは全く再入荷だったので、相当売れてるのか?とタカを括ってしまったのがそもそもの間違いだった...という訳だ。それならもっと早く注文すべきだったと思うけど、なかなか金銭面に余裕が無かったからいずれにせよ仕方ないか。因みに、輸入盤に拘ったのはオマケのDVDが欲しかったからである(「COMES DOWN LIKE RAIN」「ONE LOVE」「BROTHERS IN ARMS」のPV3曲入り)。

何はともあれ、ホントに期待が高かった作品である事は間違いなく、タリスマンのVoでジャーニーのVoも一時期務めたジェフ・スコット・ソート、ワーク・オブ・アートのKeyであるロバート・サール、エクリプスのエリック・マーテンソンという北欧HR/HM系ミュージシャンの顔ぶれをみれば、注目せざるえないでしょう(まあ、エクリプスだけは聴いた事がなかったけど...)。

アルバム発表前に「IF I FALL」「COMES DOWN LIKE RAIN」「ONE LOVE」を聴いていたのだけど、どれも素晴らしい出来で、特に「COMES DOWN LIKE RAIN」は一発で気に入ってしまった。PVに故マルセル・ヤコブの姿が映り、しかも最後に彼に捧ぐのクレジットでかなり重い雰囲気になりがちだけど、ホントに素晴らしい曲だと思う。
で、アルバム全曲聴いてみたトコ、冒頭の「INVINCIBLE」からラストまで首尾一貫して北欧メタルの雰囲気が損なっていないトコに感心した(強いていうなら「PUT YOUR MONEY WHERE YOUR MOUTH IS」のみ普通のメタルだけど)。最近はこのテの作品を聴いていなかったので尚更かも知れないけど。しかもかなりクオリティが高いのが素晴らしい。
私のフェイヴァリットは「IF I FALL」(ホンマにジャーニーやわ~!)「COMES DOWN LIKE RAIN」「BROTHERS IN ARMS」「RUNNING FROM THE HEARTACHE」「ONE DAY ATA TIME」ってトコで。

先にアルバムを聴いていたumeさんや某音さんの意見ではジェフのVoに違和感があるとの事だけど、私的には全然OKだと思う。確かにこのテの音には透明感のあるVoの方がしっくり来るのだろうけど、バックの演奏陣に負けてないジェフの声が完全に個性となっているので、コレはコレで良いと思う。それこそヨラン・エドマンやピート・サンドベリのVoで聴いてみたい気もするけど、多分個性はここまで出ないと思う。

確かにプロジェクトの香りが強いので楽曲の練りが足りないのが残念だけど、もし次回があるのならメンバーが楽曲持ち寄って集中して作れば、物凄い傑作が出来る予感もする気が...

「COMES DOWN LIKE RAIN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=JilO23G1MVc&feature=related

「BROTHERS IN ARMS」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=sJ9jjosS15g

「ONE LOVE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=JLq7U4Sdi-8&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE VERY BEAST OF DIO / DIO (2000)

METROPOLIS / FM (2010)

comment iconコメント

comment avater

ume

なぜかこのアルバム合わなかったんですよね。
先日も聴いてみたんですが、どうも苦手で
でも「IF I FALL」はすごく好きです!!

2010年06月06日 21:53

comment avater

某音楽馬鹿

内容はイイんですよね~、曲も悪くないし、いかにもっちゅう感じでツボな筈なんですが・・。
ジェフさんもタリスマンのデビュー当時みたいな素晴らしい歌唱です、でもこの人のVoを聴き慣れてる人ほど敏感に「何かいつもと違うかなぁ」って感じると思います、今はジェフさんも暇な筈(失礼)で、インタビューでもコレの売れ行き次第ではメイン・バンドにしたい~みたいな事も言ってて、次で化ける可能性は大アリですけどね。
内容は本当にイイんでお勧めなんですがジェフさんの熱狂的なファンは慣れるのに時間がかかりそうです。

2010年06月07日 01:03

comment avater

K.A.E.

まあ「IF I FALL」はもろジャーニーですからねえ(笑)umeさんがツボなのは分かりますね。でもジェフのボーカルでジャーニーのライブとか一度観たかったですよ。
私は近年のタリスマンは聴いてないので詳細は分かりませんが、初期の北欧メタルっぽい雰囲気を現代に焼き直したのがこのアルバムとしての位置付けだと思ってるので、是非続けてもらいたいですね。ただ、WORK OF ARTも続けてほしいのでメインバンドでなくてもいいと思いますが。
それと、一時期ラスベガスでファンクバンドをやってたジェフが変な方向性を出さない事を祈るのみですね(苦笑)。

2010年06月10日 14:04

コメントの投稿