FC2ブログ

ターボ(紙ジャケット仕様)ターボ(紙ジャケット仕様)
(2005/07/06)
ジューダス・プリースト

商品詳細を見る


ちょっと間が空いてしまいましたね。
理由は単純、この時期私の地元は夕立ちが多くて雷がよく鳴るので、まだパソコン買い換えたばかりの身としては、無謀な事は避けたいので電源を落としてしまうのだ。
お陰で、雷が止まない限りPC立ち上げられないので、更新出来ませんでした。

しかし、その間に偶然覗いた某大型電器店のCDコーナーでとんでもないブツを発見。何と今ではヤフオクあたりでしか見る事のなかった、ジューダス・プリーストの紙ジャケが新品で定価で置いてあるではないか!!
意外と「SCREAMING FOR VENGEANCE」は今でも店頭で見掛ける事はあるのだけど、他はもう手に入らないのでは?と思わせるくらい見た事がなく、何とその店舗では他にも「PAINKILLER」「RAM IT DOWN」「PRIEST LIVE」「METAL WORKS」そして今回のネタである「TURBO」が置いてあった。
とりあえずは「TURBO」だけをゲットしたのだけど、後はとりあえず様子見という事で。「SCREAMING FOR VENGEANCE」は既に手に入れたし、個人的には「RAM IT DOWN」や「PRIEST LIVE」は好きな作品じゃないし、他は「PAINKILLER」くらいしか欲しいモノがないので。無くならない事を祈るのみ!


で、この「TURBO」。何故これなのか?というと、当時は散々叩かれまくった作品だけど、私はその当時にしかまともに聴いておらず、改めて今の時代に聴いてみてどんな風に感じるのか?が知りたかった為。
で、改めて聴いてみた結果、確かにジューダス・プリーストの歴史上では問題作の一つに数えられる作品である事には間違いないのだけど、楽曲に関しては従来のバンドのスタイルを抜きにして考えると、かなりクオリティが高いモノだと改めて認識出来た。

この当時、キッスやオジーなどがこぞってLAメタルのスタイルに近い作風のアルバムを発表していたし、同時期アイアン・メイデンやまだHRスタイルだったゲイリー・ムーアなどがシンセギターを使ったプレイを披露していた事から、当時のノリにジューダス・プリーストも乗っかってみました...的なモノだったんだと思う。

「TURBO LOVER」や「ROCK YOU ALL AROUND THE WORLD」は当時ホントに衝撃的だったし、今でもジューダス・プリーストの演るスタイルではないと思ってもいるけど、終始ノリの良い明るい楽曲ばかりではなく「OUT IN THE COLD」みたいにスケールの大きい重厚なスタイルの楽曲や「RECKLESS」みたいな硬派な楽曲もある事で、バンドの威厳は保たれていると思う。

私的には、このアルバムよりも次作の方が色んな意味で問題作の様な気がするのだけど、如何なモノかと?


「TURBO LOVER」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=HfDVY9pK2Oc

「LOCKED IN」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=QwmSdq7lxwo&feature=related

「OUT IN THE COLD」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=nQ4my9Oqiq0&feature=related
スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FRAGILE / YES (1972)

K.A.E.の選ぶ年代別アルバム50選 00s編

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

やっぱり一般的には問題作なんでしょうかね~、私は大好きなんですけど。
ひょっとすると一番回数聴いたプリストの作品かもしれません。
コレはアナログ盤で聴くと結構イイっすよ、A面が終わった後でB面にすると荘厳に「OUT IN THE COLD」が始まるという構成は見事です。

私のプリスト初体験盤であり、当時はMr.MISTERやA-HAも聴いてたんで違和感なくメタルの世界に引っぱり込まれました(道を踏み外したともいう)今冷静に考えるとバンドの思うツボだったんかな~と。
コレでPOPSからメタルに参入した人、結構居ると思いますよ、バンドとしては「してやったり」ですか。

2010年08月01日 18:46

comment avater

K.A.E.

「問題作」でしょう!
だって、あの「背徳の掟」の後のアルバムですよ?好みは抜きにして、シンセギターをここまで大胆に使ってくるとは思ってませんでしたからねえ。メイデンやゲイリー・ムーアなど、当時シンセギター使ったミュージシャンでもここまで派手に使ってなかったですし。
でも、私自身久々にアルバム聴いてちょいと評価変わったんで、やはり問題作は再評価はするべきだと重々感じましたよ。

でも、このアルバムからジューダスの世界に入ってきたとなると、後追いで聴いた作品にはかなり違和感感じたんじゃないですか?まあ、ルックスはあのままでしたが(笑)。

2010年08月04日 23:53

コメントの投稿