Seventh OneSeventh One
(1990/10/25)
Toto

商品詳細を見る


先日、某音さんのサイトを拝見していて何かお勧めのモノでもないかな?とチェックしてた時、思えばこのアルバムは持ってなかったなあ...と思い出し、早速密林にてこのCDを注文。TOTOのタイトル通り7枚目の作品「THE SEVENTH ONE」。

しかし今回、密林はやってくれました。元々はこのCDのリマスター盤を探していて、数年前に国内盤で紙ジャケリマスター盤が再発された時に、確か国内リマスターだった気がしたのだけど、既に廃盤。昨年、ディスクユニオン新宿メタル館にて偶然見つけたのだけど、やはりあの時無理してでも買っておくべきだった...(後悔)
それ以降、全く見付からないので諦めて輸入盤でも良いか...と思ってチェックしたのだけど、2008年に聞いた事のないレーベルからリマスター盤らしきモノが発売されていたらしく、それじゃあ...と思って注文したのだけど、届いたのはコロンビア盤。音圧、めっちゃ小さくて何か悲しくなってきた...

とはいえ、肝心の音楽の方は某音さんお勧めだけあってかなり手堅く、これを最高傑作に挙げている理由もよく分かった。一般的には1stか4thを最高傑作に挙げられているけど、私もこの完成度は前述の2枚よりは上かと(1stはデビュー作であの完成度という意味で凄いとは思うけど)。
時代が時代なんで「YOU GOT ME」なんか今聴くと、かなり80年代しているなあ...と微笑ましい感じだけど、「PAMELA」や「CAN'T STOP LOVING YOU」なんかは過去作にはなかった透明感を感じられて、WORK OF ARTがこの時代のTOTOっぽいと言われる由縁がよく分かる。


その透明感溢れるスタイルに最も貢献しているVoのジョセフ・ウィリアムスが良い仕事をしていて、個人的にはボビー・キンボールよりも良いと思う。ファーギー・フレデリクセンといい、ホントに良いVoを見つけてくると思う。「THESE CHAINS」や「ANNA」みたいな地味な楽曲でも、魅力的に聴こえてしまうのはさすがかと。
残念ながらこの作品後に彼は脱退してしまったけど、こういう音楽続けていると嬉しいんだけどなあ。

バンド自体、既に活動に終止符を打ってしまったので再結成を望むべく事はないが、例えばスティーヴ・ルカサーなんかがバンドの音楽性を継承してくれていれば嬉しいんだけど、どーしてもギタリスト視点だと弾き過ぎが重要ポイントになってくるみたいで(実際、バンドの後期はやたら音が重くなってたし)ちょっとがっかりしてしまうんだよなあ...
そーいった意味でも、この作品あたりまでのTOTOには未だに未練タラタラだったりする訳で。


「CAN'T STOP LOVING YOU」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=5WwTf157u6w


「THESE CHAINS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=1juoRQOlTBE

「PAMELA」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=uAfC350g6sM&feature=related

スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE BEST OF SANTANA / SANTANA (1998)

THE MASQUERADE / MELEE (2010)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

とと

遂に買われましたか、良かったでしょ?。
あんまり評価されてないっぽいんですが、私はこの作品、大好きです、捨て曲も無いし、妙な'80年代初頭の頃の古臭さも無くて一番聴きやすいのがこの作品です。

あとジョセフさんは忘れた頃に作品出してます、AORっぽいカバー作品や最近ではTOTOっぽいのも出てますよ~。

http://www.youtube.com/watch?v=j9q260Ftal0
http://www.youtube.com/watch?v=0lWHQUbuUHQ
↑ソロ
http://www.youtube.com/watch?v=TOMR7lYvBS0
http://www.youtube.com/watch?v=wv_0Tbig3I8
↑ヴァーティゴ

2010年09月22日 20:00

comment avater

K.A.E.

いや、これは間違いなく傑作でしょ!最高傑作といったら1stか4thという定説を見事覆してくれましたね。今まで、私的には彼等の最高傑作は「ISOLATION」だったのですが、コレ聴いて意識が変わりましたよ。お薦め有難うございます!

ジョセフのソロもヴァーティゴも聴いてみましたけど、やはりTOTO時代の透明感な声が少し衰えているのは仕方ないですね。地味でじわじわ来るソロよりもヴァーティゴのメロハー路線の方が合ってる気がしますが、ヴァーティゴはギターが濃いので全体的には”脂ぎってる”ってな雰囲気ですよね。

...しかし、海辺にうずまき貝ってどんなジャケですか...(笑)

2010年09月23日 16:09

コメントの投稿