ミドル・アースミドル・アース
(2001/04/05)
ボブ・カトレイ

商品詳細を見る


購入してから数回聴いただけで棚に入ったまま...というCDが幾つかあって、その存在すらすっかり忘れさられてしまうモノがある。勿論、購入する時は「聴いた事ないなあ」で購入するのだけど、インパクトが少ないモノや余り面白くないモノは当然棚に入ってしまう。
そんなモノの1枚、マグナムのVo:ボブ・カトレイのソロ第3弾「MIDDLE EARTH」を今日はチョイス。
このアルバムは、近所のレンタルCD屋で\500で売っていたので文句無く購入。しかし、2~3回聴いただけで何故か棚行きだったのだ。

ボブ・カトレイと言えば、以前1stアルバムの「THE TOWER」をレビューしたけど、TENのメンバーがバックアップした事もあって”Voの違うTEN”といった内容で、ゲイリー・ヒューズの幅の狭い音域をボブ・カトレイが更に広げたこともあって、当時はかなり新鮮に聴こえたモノだ。
で、今回の3rdアルバムも前2作同様、TENのメンバーがバックアップしており、大分このラインナップもこなれてきた感があるけど、逆をいえばマンネリの一歩手前といった感も歪めない。
ただ、このアルバムはタイトルを見てピンと来た人もいるだろうけど、映画でも大ヒットした「指輪物語」をモチーフとしたコンセプトアルバムである事から、楽曲の統一性を図ったお陰であの世界観が好きな人には興味深い内容かと。

私はあの映画が大好きなので、勿論このアルバムにも興味は多いにあったのだけど、発売された当時はこの映画で盛り上がっていた時期なので、便乗した感がありありに感じられたので敢えて無視を決め込んでいた。
で、後にこのアルバムを聴いて”なるほど”と思う部分もあるけど、あの映画のイメージとは大分違うとは思う。まあ、欧州的な解釈という感じなのかな?

ただ、あれだけスケールの大きい物語なのに、全体的な盛り上がりに欠ける雰囲気が全体を覆ってるのが非常に残念。エンディングもすんなり終わってしまうし、楽曲によってはフェイドアウトで終わるモノもあるし。コレは楽曲も勿論関係しているだろうけど、どちらかというとプロデュースの問題ではなかろうか。綺麗にまとまり過ぎてるんだよなあ。

まあ、こんな感じだったので棚行きだったのだと思うけど、改めて聴くと「THE FIELDS THAT I RECALL」は素晴らしいと思うし、「AGAINST THE WIND」の女性Voも新鮮で良い感じがした。要は、聴き込みが足りなかったって事だろうか?

「RETURN OF THE MOUNTAIN KING」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=D3eMtEO6xEA

「THE END OF SUMMER(GALADRIEL'S THEME)」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=fjAgzzngc4I&p=26D2007293DEB44E&playnext=1&index=20
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

WALKING WITH STRANGER / THE BIRTHDAY MASSACRE (2007)

TWENTY FIVE / GEORGE MICHAEL

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ぼぶ★かとれい

私もそう言われてみれば全く同じ状況でした(棚の肥やしと化してました)私的には神レベルの1作目から徐々に大仰さが出てきて次第に熱が冷めていったという感じなんですが、マグナムもソロも全部何気にあるんで、やっぱりこの人の声が好きなんでしょうね。
また1作目みたいなの作ってくれないかな~。
本業のマグナムでは見事な復活を遂げたのに。

2010年10月04日 00:35

comment avater

K.A.E.

ホントに良い声してるんですけど、楽曲に恵まれないというか...
ソロ1stはゲイリー・ヒューズと良いケミストリーがあったと思うんですが、この3rdでは少々マンネリ気味に陥っていますよね。ここでゲイリーと快を割ったのはある意味良かったのかも。
マグナムの方でブリティッシュロックを突き詰めてるのだから、ソロではまた違った事やった方が面白いと思うし、意味があると思うんですが...

2010年10月06日 23:30

コメントの投稿