ワン・ライフ、ワン・ソウル(ベスト・オヴ・バラッズ+1)ワン・ライフ、ワン・ソウル(ベスト・オヴ・バラッズ+1)
(2002/01/23)
ゴットハード

商品詳細を見る


今年はロニー・ジェイムズ・ディオやスリップノットのポール・グレイなど、著名なミュージシャンが次々この世を去っているけど、また一人...しかも不慮の事故というのがホントに悔やんでも悔やみきれない、スイスの国民的バンド・ゴットハードのVoスティーヴ・リーが亡くなってしまった。
ロニーは胃癌で、ポール・グレイはドラッグの過剰摂取とそれぞれに全く違う理由だけど、今回のはスティーヴには全く過失が無いのが悲劇的ではないかと(強いていれば、その場所に運悪くいただけの事)。今頃はスイス全体が悲しみに暮れているのでは。

最近ゴットハードはたまにしか聴いていなかったんで、これを機に少しこの世界観に浸ってみるのも良いかと思い、このアルバム「ONE LIFE ONE SOUL」をチョイス。
ハードなアルバムでこそゴットハードのイメージなんだけど、バラードでもその歌唱力を十分発揮しているし、また彼等のバラードはホントに良い楽曲が揃っているのを改めて実感した。

私がこのニュースを知った翌日、会社の出勤時に「HEAVEN」を聴いて追悼したのだけど、このアルバムの冒頭が正しくこの曲で、彼等のバラードの代名詞と言っても過言ではない名曲。
他にもアルバムのタイトルにもなっている「ONE LIFE ONE SOUL」(今となってはかなり重要なタイトル)、「OPEN」に収録されている「LET IT RAIN」、デビューアルバムに収録されていた「ALL I CARE FOR」、「HOMERUN」収録の「REASON TO LIVE」あたりが特に好きだ。

他にもローリング・ストーンズの「RUBY TUESDAY」、英国のバンド・ホリーズの「HE AIN'T HEAVY」のカヴァー曲や、「D FROSTED」でのアコースティックナンバー4曲、ラストに「HOMERUN」製作時のアウトトラックでハードナンバーの「TIME」で締めるという構成。
でも正直な話、沢山聴けるのは嬉しいけど、全部で18曲はさすがに多い気が。もっと曲数削ってまとめた方が余韻が残って良いと思うけど、それは贅沢というモノか。

しかし、バンドの今後はどうなってしまうのだろう?個人的には、スティーヴ以外の声が全く想像出来ないのでバンド名変えて活動して欲しいと思うのだけど、スティーヴほどのボーカル探すのがホントに大変だろうから、焦らず納得のいく人選をしてもらいたいなと。

「HEAVEN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=ID2JLhztCWM&feature=fvst

「LET IT RAIN」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=tJ-jbHuUAdc&feature=related

「ONE LIFE ONE SOUL」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=011--GqhV7E
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AFRAID OF SUNLIGHT / MARILLION (1995)

MONTAGE / KENNY G (1991)

comment iconコメント

comment avater

ume

タイトル

先日の伊藤政則さんのPOWER ROCK TODAYでもスティーヴの件が放送されていました。
本当に悲しいです。
かかった曲は「ONE LIFE ONE SOUL」
本当に素晴らしい音楽、歌声をありがとう。

2010年10月11日 23:03

comment avater

K.A.E.

ホントに衝撃的な事件でしたね。
バンドの今後が暫くは見えないだろうけど、形を変えてでも(というか、同じバンド名でももう違うバンドになる事は明確ですし)復活して欲しいですね。
私の唯一の後悔は、ライブが観られなかった事ですね...

2010年10月17日 16:18

コメントの投稿