Woke Up With a MonsterWoke Up With a Monster
(1994/03/22)
Cheap Trick

商品詳細を見る


最近少し疲れが見えていたので、今日の休日は最初っからのんびり過ごす事に決めて、朝からゆっくり音楽聴いてダラダラ過ごして少し体力回復に繋がったかな?と。
で、マリリオンの「SEASONS END」から始まり、昨夜友人が持ってきたウィッシュボーン・アッシュのライブ盤とブルー・オイスター・カルトのベスト盤、バッド・イングリッシュの1st、そして今回のお題であるチープ・トリックの「WOKE UP WITH A MONSTER」。何の脈絡もない4枚だけど、一気に聴けてしまった。

このアルバム、ホントに久しぶりに聴いたなあ。実は発売日に購入してなくて、結構後になって中古屋で\500くらいで買ったんだけど、最初聴いた時は前作「BUSTED」とは幾分作風変えたかな?と思って、余り好きになれなかったんで、それっきりだった気が...(汗)ジャケも彼等らしくないし。

でも、そこは腐ってもチープ・トリック(別に腐ってなんか無いけど)時代がグランジ/オルタナ主流でも、メロディは相変わらずキャッチーで聴き易いのはさすが。しかもプロデューサーがヴァン・ヘイレンでお馴染みのテッド・テンプルマン。
時代を意識してか幾分音が重い感じでダークな雰囲気の曲もあるけど、「YOU'RE ALL I WANNA DO」や「NEVER RUN OUT OF LOVE」なんかは従来の彼等のスタイルで良曲だし、少し雰囲気の違う「RIDE THE PONY」「CRY BABY」も意外と面白い。

ロビン・ザンダーの歌い方がかなりラフで絶叫してる部分もあって意外性を感じたけど、やっぱロビンはラフな歌い方よりも甘い声でしっとり歌った方が良いと思うかな?仲の良いスティーヴン・タイラーの雰囲気を狙った感じが見える様な。
そのスティーヴンがこのアルバムを聴いて「これが売れなかったら、お前ら解散しろ」とまで言われたくらい出来は良いと思う。まあ、残念ながらセールスの方はレコード会社のゴタゴタでプロモーションが全く無くて散々だったけど...

現在、バン・E・カルロスが病気か何かでバンドから離れてるらしいけど、よくこれだけ長い間続けていられるなあ...とホントに感心するばかり。日本にも随分ご無沙汰なんで、一度はライブ観てみたいなあ。

「WOKE UP WITH MONSTER」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=QRTgQ4cx5ik&ob=av2e

「YOU'RE ALL I WANNA DO」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=bWXEufdBp30
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

RUBBER SOUL / THE BEATLES (1965)

ORDER OF THE BLACK / BLACK LABEL SOCIETY (2010)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ちーぷ☆とりっく

私も一度はライヴ、観てみたいバンドです、この作品は私も聴く頻度は少ないですが結構好きな作品です、確かに時代に合わせてプロデューサーも今風の人を連れてきたみたいですが、中身は紛れもないチープ・トリックの音楽です。

4枚のチョイスは私的には「アリ」ですね、唯一ウイッシュボーン・アッシュだけは聴いた事なかったですが。

2010年11月05日 21:08

comment avater

K.A.E.

何か休日に聴く音楽って、まとめて聴くとなると結構バラバラな音楽性で聴く事が多いですね。ただ、朝っぱらからコテコテのメタルは聴く気にはならないですけど(笑)。

しかし、ホントにこのアルバムは勿体無かったですよね。時代とタイミングを完全に間違えたと言っても過言じゃないですよ。売れる要素が沢山詰まってるのに売れなかったって、なかなか運に恵まれないのはバンドが不憫でならないですよ。

2010年11月07日 12:00

comment avater

某音楽馬鹿

朝からめたる

私の毎日のお目覚めはデスメタル/ハードコアです、飛び上がって目が覚めます(心臓には良くないかな~)、絶対に2度寝しない(できない)んでお試しあれ(笑)

2010年12月12日 12:37

comment avater

K.A.E.

いやいやいや、それはさすがに無いですよ~(笑)...堪えられませんって!

2010年12月12日 17:41

コメントの投稿