レット・イット・ビーレット・イット・ビー
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


MONO BOX買って以来、ずっとビートルズ漬けの毎日なので、もう一つチョイス。当時は映画公開と併せて発売された「LET IT BE」。
製作こそは「ABBEY ROAD」以前だけど、発売はこのアルバムが実質上彼等のラストアルバムとなっている。

私はこのアルバム...というより、ビートルズを初めて意識した曲が「LET IT BE」だった。何故かというと、小学生の頃に「悪霊島」という横溝正史の映画でこの曲が使われていたのをCMで観て、「何でこんな恐ろしい映画(当時は本気でそう思った/笑)にこんな綺麗な曲使ってるんだ?」と疑問だらけだった。
まあ、小学校の音楽の教科書に「YESTERDAY」が使われてたけど、当時は外国の曲か...程度の認識だったのでさほど興味も無かったけど、もしその時に洋楽に足を踏み入れてたら、また違った感性が出ていたんだろうなあ...

それはともかく、この作品は映画うんぬんという認識で聴くよりも(というか、今の時代にそういう感覚で聴く人はいないと思うけど)普通に1枚のアルバムとして十分聴き応えがある。
しかし、だ。それまでのアルバムと決定的に違うのは、やはりジョージ・マーティンが絡んでないお陰で、質感が大分違うと思う。フィル・スペクターも良い仕事しているけど、やはり何処か違うんだよねえ~。
例えば名曲とされている「THE LONG AND WINDING ROAD」のオーケストラを前面に押し出したサウンドは「こういう事もやってたんだ」という驚きがあるけど、それ以上のモノではないと思う。ポールが不満を持ってアルバムの販売中止の訴訟まで考えてたというのは意外だったけど、気持ちは物凄く分かる。

私的にはマイケル・ペン&エイミー・マン夫妻がカヴァーした「TWO OF US」、ルーファス・ウェインライトがカヴァーした「ACROSS THE UNIVERSE」、パール・ジャムが1stアルバムでカヴァーした「I'VE GOT A FEELING」、屋上ライブで有名な「GET BACK」、聴いた時メリーメーカーズかと思った(おいおい/笑)「ONE AFTER 909」、そして前述の「LET IT BE」がお気に入りかな。

でもまあ、これまでの洋楽を聴いてきた上で今更彼等にハマると思わなかったな。私の20代の頃の友人でビートルズをリアルタイムで体験した人が何本かテープで聞かせてくれたけど、余りに「彼等以外のバンドはない」的なスタイルだったので、アタマの堅いヤツだな...程度にしか思ってなかったけど(爆)今ではその気持ちも分からなくもない。
だけど、今の時代これだけミュージシャンが溢れている状況で、音楽スタイルも多様化している中で、未だに彼等の影響化にあるミュージシャンも多い事から、バンドが神格化されても仕方ない部分もあると思う。
そこが気構えてしまう部分である事がホントに残念に思う。実際、音楽なんて気軽に聴くものなんだろうし...

「LET IT BE」↓
http://www.youtube.com/watch?v=a5jLsXPi8xU&feature=related

「ACROSS THE UNIVERSE」↓
http://www.youtube.com/watch?v=QmkKkzcDQ58

「GET BACK」↓
http://www.youtube.com/watch?v=WtUgrolYxro
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SOLID STATE WARRIOR / ROGER JOSEPH MANNING JR. (2006)

RUBBER SOUL / THE BEATLES (1965)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

びーとるず

「悪霊島」ですか、私もこのシリーズ観てました、独特の雰囲気がイイんですよね~。
・・で、ビートルズですがこの作品が一番私には良いように聴こえますが、やっぱり個人的にはこのバンドは合わないなぁ~と、絶対私の聴き方が悪いんでしょうけど・・。
とりあえず私はストーンズ派です、もうちょっとしたらストーンズのモノ凄いブツ、届きます(笑)楽しみ。

2010年12月12日 12:23

comment avater

K.A.E.

ストーンズこそ歴史が長いので、全部網羅するのが大変だから、なるべく聴かない様にしてます(笑)。
リアルタイムで聴いたアルバムはともかく、中期の代表作なんか聴いてハマった日にゃそれこそ散財が目に見えますし(苦笑)。

で、このアルバムはプロデューサーが変わった事もあって(また色んなゴタゴタもあって)他のアルバムとは何処か雰囲気が違いますね。確かに聴きやすいですけど、意外とあっさりしているというか。
「LET IT BE」を聴くと「悪霊島」の1シーン、犬が人の手をくわえて走ってくる場面を思い出してしまう私は異常者ですか?(しかし、よく楽曲使用にOK出しましたね...)

2010年12月12日 18:09

コメントの投稿