Queen of the OceanQueen of the Ocean
(2006/12/05)
Lana Lane

商品詳細を見る


今日の休日はホントにCDをよく聴けた。
ただメタル系は殆ど聴かないで、先日購入したビートルズやちょっとのんびりとする様な音で心と身体を癒してリフレッシュ出来たかな、と。
でも、夜になると何かメタルが聴きたいなあ~と思い、色々物色するもどれもピンと来ず。それじゃちょっと趣向を変えて”秋の夜長に合う音”を探ってみたトコ、このアルバムに行き着いた。久々に聴くラナ・レーンのオリジナルアルバム4作目にあたる「QUEEN OF THE OCEAN」。

唐突だけど、ラナ・レーンは一時期アルバム乱発し過ぎてちょっと付いて行けなくなってしまい、それから全然聴かなくなってしまったのだけど、少なくともこのアルバムまではきっちり聴いていた。このアルバムに伴う来日公演にまで行ったくらいだし。

前作がBURRN!誌で高評価だったお陰で、ここ日本で知名度がアップ。確かに完成度は高く素晴らしいアルバムだったし、次の企画モノだった「BALLAD COLLECTION」も素直に感動出来る作品だったので、この新作に掛かる期待はかなり高かった。

で、初めてこのアルバムを聴いた時の第一印象は「大人しくて、ちょっと地味じゃない?」だった。「GARDEN OF THE MOON」が意外とハードロックしていたのでこの路線を踏襲かと思いきや、メロディに重点を置いた歌モノ路線だったのでちょっと肩透かし的な感じがした。冒頭から4曲目までミドルテンポのナンバーで、スピードチューンが無いのも気になったし。
しかし、決して悪い出来ではないのがこの人達の凄いトコで、ラナの歌唱は十分聴かせるモノだし、バンドの頭脳である旦那サン(エリク・ノーランダー)のアレンジ力は更にスケールが増している。ただバンド的な感覚を得られないのが、このバンドの唯一の難点かと。

このアルバムでのハイライトは、間違いなく「RAINBOW'S END」。前作に収録されていてもおかしくないハードロックナンバーで、ライブでも2曲目で披露されていたけど結構盛り上がってたなあ。
それと、マリリオン好きには絶対に聴き逃せないのが「SEASONS END」のカヴァー。マリリオンがカヴァーしている楽曲は結構あるけど、マリリオンの楽曲をカヴァーしているのは余り聴いた事がないので(ドリーム・シアターが、ビデオで本家のMr.Hとスティーヴ・ロザリーと一緒に「EASTER」演奏しているくらいか?)どんなモノか?と思いきや、ラナの声質を上手く使ったナイスな演奏かと。コレが日本盤ボーナストラックって、何考えてんだ??

ミドルテンポとバラードが多いお陰で、全体的に地味な作風となってしまったので、私的には秋のイメージが付き纏う作品に感じる訳だけど、あと2~3曲疾走感のあるナンバーがあれば大分印象も変わってくるとは思う。

しかし、最近はめっきり名前を聞かなくなってしまったけど、まだ活動してるのかな?アルバム乱発時期に殆ど無視決め込んでいた身としては(だって、1年に1枚ペースだとなかなか手が出しづらいじゃないですか)その頃の作品もちゃんと聴いてみたいとは思っているけど...


「RAINBOW'S END」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=a_M7aq0etZY

「WITHOUT YOU」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=cRHAXYZFT_w
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ANIMENTINE-PLUS / CLEMENTINE (2010)

HAT FULL OF STARS / CYNDI LAUPER (1993)

comment iconコメント

comment avater

ume

私もK.A.E.さんといっしょでアルバムを連発した時期に離れて行ってしまったアーティストです。
個人的には1stと3rdが好きですね。
このアルバムも持っていますが、あんまり聴いてないので今度じっくり聴いてみようと思います。
PRTでも今「秋の夜長」特集をやっていて、この間LANA LANEかかってましたよ。

2010年11月24日 23:45

comment avater

K.A.E.

やっぱり皆思うトコは同じなんですかね?秋のイメージに何故かよく合うんですよねえ。

アルバム乱発の背景には、日本の活動がメインになってる部分もあるみたいですし、アヴァロンレーベルも彼等をメインに扱ってる感じでしたしね。

2~3年おきにリリースならリスナーも負担がなくて手を伸ばせると思うのですが...そーなると、今度はバンドの存続が危なくなってしまいそうだし。色々と難しいですね。

2010年11月28日 20:21

comment avater

某音楽馬鹿

らな☆れーん

私はまだ出たら買ってます(笑)おかげで棚がラナさんで一杯です。
そういえばここのところ新作出さなくなりましたね、(前の発売量が異常だったんでしょうけど)、同じく毎年のように秋に新作を出すラスト・オータムズ・ドリームみたいに年1回じゃなくてクリスマスアルバムやベストをこれでもかっちゅうくらい出してましたからね~棚も一杯になるわけですよ。
改めて全部並んでるのを見ると恐ろしいモノがありますが・・・。
個人的には初期みたいな穏やかなプログレ風の作品、また聴きたいなぁ。

2010年12月12日 11:47

comment avater

K.A.E.

この人達のジャケって、独特の雰囲気があって結構好きですね。CDがあればあるだけ、ジャケを十分堪能することも出来るのは良い事かと(だったら画集を買えば良いって?)。

元々情報量の少ないバンドですから、音沙汰が無いと「どーしたんだ?」と思いますね。
アルバム乱発も困りモノですが、それならば集中して捨て曲一切無しの誰もが唸らせる作品を作ってもらいたいな、というのが一番嬉しいかな?それだけのポテンシャルを十分持っていると思いますしね。

2010年12月12日 18:27

コメントの投稿