ザ・ゲームザ・ゲーム
(2005/05/25)
クイーン

商品詳細を見る


今年はきちんと11月24日にフレディ・マーキュリー追悼の意味合いを込めて、久々にクイーンを聴きまくりましたよ(昨夜は”アニメンティーヌ”入れちゃったんで、順序が逆になっちゃったけど)。
クイーンのアルバムは「FLASH GORDON」以外は全て持ってるので(但し、ポール・ロジャースとやったヤツは持ってないっす。アレはクイーンではないですから)”じゃあ何を聴こうか?”と思う時は、ホントに迷う。無難なベスト盤もまず外さないけど、気分によっては初期でも中期でも後期でも何でも聴けるので、そんな時に手を出すのは大体好きなアルバムで決まってしまう。

しかし、思ったよりも余り聴かないアルバムというのも存在する。実はこの「THE GAME」がそう。発売年が1980年なんで、バンドの中期にあたる作品。

まずこのアルバムの冒頭が「PLAY THE GAME」というのに驚かされた。私はベスト盤からクイーンを入ったので、それこそ派手な「BOHEMIAN RHAPSODY」や「KILLER QUEEN」なんかが冒頭に来るのは分かるのだけど、よりによってバラードをアルバムの冒頭に持ってくる大胆さに驚かされた。こういう事が出来るのもバンドの懐の深さだと思う。

アルバムの前に先行シングルで発売されて、アメリカでNO.1を獲得した「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」(邦題:愛という名の欲望/←コレはホントにナイスな邦題だと思う!)や、これまたブラック・コンテンポラリー・チャートでトップを取った「ANOTHER ONE BITES THE DUST」も収録されてる事で分かる通り、それまでバンドにとってアメリカでの成功は縁の無いモノだったのが、ここにきてトップを取る快挙。すなわち、これまでのバンドのスタイルから徐々に変化していた時代、いわゆる過度期だった訳だ。音楽的にもそうだけど、バンドのヴィジュアル面でもフレディが長髪止めて口髭始めた頃だったりする。

しかし、従来のスタイルからそんなに離れていた訳でもなく、前述の「PLAY THE GAME」や「DRAGON ATTACK」、「COMMING SOON」や「SAVE ME」あたりで聴こえる重厚なコーラスも健在で、クイーンの楽曲という事がすぐに分かる。
またいつだったか、ガンズ&ローゼズの日本公演でこのアルバムの「SAIL AWAY SWEET SISTER」を演ったらしい(確かにアクセルが歌ってもおかしくない感じかも)。

こんだけ話題性も十分なのに、何故そんなに聴かないのか自分でも不思議なんだけど(苦笑)まあ彼等には他に聴くべきアルバムが幾らでもあるから...という事で。
ただ、アメリカで成功したお陰で次作ではとんでもない事をやらかしてしまう節操の無さも、如何にも彼等ならやりそうな事であった訳だけど。

私のお気に入りは「PLAY THE GAME」「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」「NEED YOUR LOVING TONIGHT」「SAVE ME」がベストかな。

因みに、このアルバムのプロデューサーは後にイット・バイツ(!)やバッド・ムーン・ライジング(!!)などを請け負うマックが担当。そう思うと、何だか物凄く不思議な感じがする...


「PLAY THE GAME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=6_5O-nUiZ_0

「CRAZY LITTLE THING CALLED LOVE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=zO6D_BAuYCI&feature=related

「SAVE ME」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=Iw3izcZd9zU
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MANTRA Ⅲ / SPIRITUAL BEGGARS (1998)

ANIMENTINE-PLUS / CLEMENTINE (2010)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

くいーん

フレディさんのもっこりタイツのPVを見ちゃったトラウマからず~っとQUEENは避けてましたが、最近ようやく後期作品から過去に遡る形で集めてます、・・・で、今物凄いタイミングで(笑)入手したのがこの作品です、どこかで買うの見てませんでした?(笑)初期の大仰さが無いというのも私にはありがたいですが、ブラック・ミュージック寄りの曲も入ったファンキーな仕上がりで('70年代あたりの本物のソウルシンガーより上手いのには参ります)今まで聴いてきた作品の中では個人的にかなり上位に来るかな~と。
とりあえずPLAY THE GAMEとSAVE MEの美しさに感動しました。
まだまだ買ってないのが結構ありますが次は何にしようかな~ちなみにTHE GAMEは入手済みっす。

2010年12月12日 11:31

comment avater

K.A.E.

おおっ、それはそれは...(笑)しかし、さすがに私の目も四国までは届きませんって(爆)。

それにしても、このアルバム気に入りましたか!確かに「PLAY THE GAME」「SAVE ME」良い曲ですよね。私もこの2曲はクイーンの楽曲の中でもかなり上位に来ます。

次に聴くモノ...従来の大袈裟な路線よりもシンプルなモノだったら、前作の「JAZZ」かデビューアルバム、「RADIO GAGA」が入ってる「THE WORKS」あたりが良いかも知れませんね。以前レビューした「THE MIRACLE」もポップで良いかも。
でも、これらが馴染んできたら是非初期の大袈裟路線のアルバムも手に取る事をお薦めします。やはりクイーンの4人は才能がハンパじゃないですからね。

因みに彼等のバックカタログがEMIからユニバーサルへ移ったらしく、来年早々SHM-CD&紙ジャケ仕様という、某音さん曰く「危険な組み合わせ」(苦笑)で発売されるらしいですよ。

2010年12月12日 18:48

コメントの投稿