メタル・ゴッド・エッセンシャル vol.1(初回生産限定盤)(DVD付)メタル・ゴッド・エッセンシャル vol.1(初回生産限定盤)(DVD付)
(2007/10/03)
ハルフォード

商品詳細を見る


久しぶりに中古CD屋で色々チェックしてきた。
今、欲しいCDが殆ど国内盤が廃盤なんで、中古で転がってないか...という目論見なのだけど、そう安々とは無いですわな。

しかし、今回みたいに超お買い得品に巡り合う事があるから止められない。
今回のお題、ハルフォードのそれまでの活動を網羅したベスト盤、その名も「METAL GOD ESSENTIALS Vol.1」(こんなタイトルがハマる人は、メタル界でもこの人くらいなモノだろう)。初回生産限定盤が\980でゲット出来た。
ハルフォードに関しては、デビューアルバムは購入したのだけど今手元に無いという事は、多分間違って売ってしまったかも(ま、気が付かない私も私だけど)。2ndアルバムは購入してなかったので、なかなかまともに接する事がなかった事もあって直ぐに飛びつきましたよ。

曲目を見ると、1st&2ndからのチョイスがメインで、他にはこのアルバムの為の新曲が2曲にファイトのデモが3曲収録されている。初回ボーナスCDでは新曲のリミックスが4曲収録。それにライブやオフステージ、PVなどが収録されたDVDが付いていて、正にてんこ盛りの内容。

聴いた感想は、リミックスによって音のバランスや細かさがより明確になった印象。私は正直、ロイ・Zのプロデュースはそんなに評価していないのだけど(ブルース・ディッキンソンやセバスチャン・バックのソロ作などで評価されているけど、正直似た様な楽曲がどのアルバムにもある事でマンネリに感じてるのかも)ロブに関しては、こういう音が十分ハマる人だからやはり相性が良いのだろうな。

ファイトの前身であるK5のデモ音源も、デモにしてはかなりしっかりした演奏で若干ラフかな?程度のモノ。ファイトは当時、敢えてこのスタイルをロブがやらなくても...と賛否が分かれたけど、その外見はともかく(笑)楽曲に関しては結構好きだったな。2ndはちょっと微妙だったけど。

しかし、こうして1枚もので通して聴いてみると、今のジューダス・プリーストよりも充実度は高いと思う。ジューダスでは彼等にしか出来ない世界があるからそれはそれで良いのだけど、そのスタイルとはまた違ったメタルを追求したいというのが、そもそもロブの本心でソロ活動を始めた切っ掛けでもあった訳だから、充実度もそりゃ高い訳だ。

ジューダスは来年のワールドツアーを最後にライブ活動からは足を洗うという発言が先日あったけど、ハルフォードではこのアルバムのタイトルに「Vol.1」と付いてる事から、まだまだ続く事を期待していたいなあ。まあ、ロブには無理して喉を酷使して欲しくはないのも本音だけど。


「MADE IN HELL」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=q1mhRiE1E0I

「FOGOTTEN GENERATION」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=AFkNSywtVRY
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THUNDER AND LIGHTNING / THIN LIZZY (1983)

WHAT IF... / MR.BIG (2010)

comment iconコメント

comment avater

ume

このベストは持っていませんが、普通のアルバムは全部持ってます。
個人的には1stが最高ですが、この間リリースされた「MADE OF METAL」も気に入ってます。
1stよりはずっと地味ですが、80年代初期のプリーストのようなシンプルで意外とメロディは印象的です。
何気に最近のプリーストより好きです。
でももっと良いアルバムを作れるバンドだとは思っていますが・・・

2010年12月27日 00:43

comment avater

K.A.E.

確かにumeさんの言うとおり、最近のプリースト(というか、ロブ再加入以降)よりは充実している感じがします。
ファイトでもそうでしたが、プリーストのメンバーと一緒に曲作りがマンネリ化していたのでソロを始めた訳ですから、ロブがこういうHM/HRがやりたかったのも頷けますね。

某音さんも自身のHPで書かれてましたが、2ndアルバムのリマスター盤が以前と比べて劇的に変わってるらしいので、ちょっと興味ありますね。2ndは聴いていなかったので...

ただ、プリーストの活動が縮小されているので、こっちの方はどうするのか?それがちょっと気掛かりですね。

2010年12月30日 22:10

comment avater

某音楽馬鹿

ぷり☆すと

え~、遂にライヴ活動止めちゃうんだ~。
確かに60歳越えてのペインキラーは老人にフルマラソンやれって言ってるようなモノなんで仕方ないですが、ハルフォードで続けるなら説得力が無いですね、広い会場でハーレーに乗るのが疲れたとか(笑)どっちにしてももう1回くらいはナマで見てみたいです。

2010年12月31日 19:49

comment avater

K.A.E.

まあ、次回のツアーで一通り回ってお別れを言う...って感じなんでしょう。
スコット・トラヴィスはまだしも、他のメンバーは年齢的にもかなり厳しいトコなんでしょうから、この辺が潮時なんでしょうね。
でもホント、彼等やメイデンなんかがライブ活動止めたらHR/HM界は大分変わるんじゃないですかね?いつまでも大御所に頼ってるのも良くないですが、新たな流れを持ったミュージシャンが出てこない限り、HM/HRの未来はマズイのでは?

2010年12月31日 20:39

コメントの投稿