オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)オイル・オン・キャンヴァス(紙ジャケット仕様)
(2008/07/02)
ジャパン

商品詳細を見る


今年のオーラスを飾るのは、ようやく購入出来たジャパンのラストアルバムであり、初のライブ盤でもある「OIL ON CANVAS」。勿論、紙ジャケ盤の方を購入。

実は、今月初旬に発売されたEMIの¥1500廉価盤の中にこの作品も含まれてたんだけど、ジャケがモノクロで輸入盤と同じモノ使われてて余り好みじゃなく、こっちの紙ジャケ盤の方が如何にも”絵画”っぽいので、少し値が張ってもこっちにしてしまった。何気にこのジャケの独特の雰囲気が好きなので...

何はともあれ、久々のジャパン。
昨日届いた購入CDの中にこれまた久々に買ったデヴィッド・シルヴィアンがあったので、ちょうど良い機会だと思ってこのアルバムも一緒に...と買ったのだけど、紙ジャケ盤は基本限定盤だから無くなるのも早く、残ってるから後で良いや...なんて思ってると何時の間にか無くなってる場合があるので、ホントに余裕のある時には手は出しておかないと(店頭もネットでもあれだけ残ってたロリー・ギャラガーの紙ジャケ盤が、今では殆ど見掛けないし.../涙)。

このアルバムは彼等の最後のツアーでのロンドン・ハマースミス・オデオンでのライブを収録したモノで、当初はアナログ盤2枚組だったのだけど、CDでは当然1枚。
その名残りを感じさせる、アルバムの冒頭とエンディングとその中間に収められた3曲のインスト曲。いずれもSEっぽい役割なので特筆する事はないけど、ライブ盤にこういう試みを入れる意図がよく分からないが、如何にも彼等らしい何処となく幻想的な雰囲気を感じさせる。

それに、このアルバムが発売された当時から言われてたらしいけど、かなりスタジオで手直しされてるらしいので、こうした意味も込めて余りライブを聴いている感じにはならない。楽曲の終わりに歓声が入っていたり、スタジオ盤と比べると音の広がりを感じさせたり全体的にラフだったりと、その程度なモノかと。また、このライブには(というか最後のツアーで)日本の土屋昌巳がギタリストとして全面参加。前メンバーのロブ・ディーンと比べるとサポートの割りに意外と目立ってるけど、彼等の世界観には合っていると思う。

このアルバムはバンド解散後に発売されて、全英チャート彼等のそれまでの最高位(全英チャート5位)を更新する事になってしまう訳だけど、皮肉にもバンドが解散した後に認められた事からも言える様に、彼等の登場する時代はホントに早かったと思う。あと数年遅れていれば、バンドの取り巻く環境は全く違ったモノになってと思うとホントに残念だ。

バンドは後にRAIN TREE CROWという別名で一時的な再結成を果たすけど、この時期の音楽性にはならず、デヴィッドのソロ作品の延長線上にある音で非常にがっかりした。やはり、あの4人が集まればこの音を期待するのは当然で、他のファンの人達も同感だと思うけど、再結成のジャパン名義を拒んだのは他ならぬデヴィッドだったという。
もうこの時点で、この再結成には余り意味の無かったモノだったと思うし、その後は全く接点すらなくなってしまった事を考えると、デヴィッド自身はとっくの昔にバンドには興味無かったんだろうなあ。

彼等が消えた後、このテの音を出してるバンドは皆無という事から、ホントに個性的なバンドだったんだなあと改めて思う。そして30年近く経った今でも、十分新鮮に聴けるという点でも驚くべき事かと。


「SONS OF PIONEERS」↓
http://www.youtube.com/watch?v=DPPfhUphj-c&feature=related

「METHODS OF DANCE」↓
http://www.youtube.com/watch?v=kAoQL8tfHvQ


「CANTONESE BOY」↓
http://www.youtube.com/watch?v=FXrNZPoFYe8&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

DEAD BEES ON A CAKE / DAVID SYLVIAN (1999)

MILLIONTOWN / FROST* (2006)

comment iconコメント

コメントの投稿