Dead Bees on a CakeDead Bees on a Cake
(1999/02/01)
David Sylvian

商品詳細を見る


明けました。今年も宜しくです!

元旦から2日間は色々と忙しくして、なかなか自分の時間が取れない感じだったので、こうして夜中に少しゆっくり出来る時間が出来て、音楽もゆっくりのんびり、しかも聴き込める作品を...と思ってた時に、良いタイミングでこのアルバムを聴いてみた。元ジャパンのデヴィッド・シルヴィアン、1999年発表のアルバム「DEAD BEES ON A CAKE」。先日のHMVで¥800で売られてたモノを捕獲。

正直、私的にはこのアルバムの前作にあたる「SECRETS OF THE BEEHIVE」で、彼のアルバムはこれ以上聴かなくても良いかな?と感じてた。理由は明確な事ではないけど、もうこのアルバムで本人が伝えたい事が全て集約されているんじゃないか?と勝手に解釈していたので。
後の活動については、2ndでゲスト参加したキング・クリムゾンのロバート・フリップ爺との本格的なユニット、シルヴィアン/フリップが始動したお陰で「後は本人が好き勝手に活動をしていくんだろうなあ」とも思っていたので、正直このアルバムが出てる事を知ったのは大分後になってからだったし。

前作とのインターバルは12年。その間に、自身が様々な活動で受けた影響はこのアルバムに反映されているけど、明らかにサウンドが変わったのは明白。前作までは静かで冷たく鋭い世界観が全体を支配していたけど、このアルバムでもある程度は感じられるものの、全体的にはもっと幻想的で幾分聴きやすくもなっていた。

まずジャケットが良い。藤原新也という方の作品らしいけど、このアルバムのイメージにぴったりかと。裏ジャケの文字が角度によって浮かんで見えるのも斬新で面白い。

冒頭の「I SURRENDER」で、直ぐにその世界観に引き込まれる。雰囲気的にマリリオンの「HOUSE」を思い出したけど、あの曲はアルバムのエンディングを飾る曲だったのに対して、こういう楽曲が作品の冒頭を飾る事が出来るのはこの人くらいなものだろうなあ。
続く「DOBRO #1」という短いインストを挟んで続く「MIDNIGHT SUN」のブルージーなギターにはちょっと驚かされた。全体的にスタンダードな曲調に合わせて向こう側で鳴るギターの対比が面白い。
で、「THALHEIM」。明らかにアルバムのハイライトと言っても過言ではない名曲。この4曲で勝負あった感じだ。
他にもインドっぽいオリエンタルなイメージだったり、ジャズっぽい雰囲気を感じさせたり、ちょっと前衛的なモノも感じさせたりと、かなりバラエティに富んだ作風が最後まで聴き手を飽きさせないのも魅力的。間違いなく、彼の作品の中でも意欲作だと思う。私の中では最高傑作に挙げても良いくらいだ。
ただ、製作にかなりの時間を要した事から”生みの苦しみ”みたいなモノも感じられて、作るのに相当苦労したんだろうなあ...とも思った。

HMVの宣伝文句には後期ジャパンや初期ソロ作に通ずる~なんて事が書かれてたけど、私的に(この時点で既に)もうジャパンの肩書きは全く必要無いレベルまで達してしまったと思うし、後期ジャパンのイメージなんて全く感じられなかったのも事実。全くの別物だって!

夜中の静かな時間にゆったりと聴くのが一番合うと思うけど、このアルバムを聴いて私がイメージしたのは、森の中を延々と歩いて、エンディングで夜中になって森から抜け出て来られた...と感じられた。こういう話がどんな印象を与えるか分からないけど(笑)私的にはそんな感じかな?


「THALHEIM」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=wWNL-uBERRc

「I SURRENDER」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=r7nz68wNGrI&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

LETS GO DO WHAT HAPPENS / FRANCIS DUNNERY (1998)

OIL ON CANVAS / JAPAN (1983)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

今年も~

今年も宜しくお願いします、正月早々コレ聴いてましたか!(人の事は言えませんが)何より今年も大漁になるといいですね・・CD。

2011年01月04日 00:47

comment avater

K.A.E.

こちらこそ宜しくお願いします!
また今年も色々と知らない音を教えてくださいまし。

年始から随分と地味なモノを...と思いでしょうが、一昨年のTHIS DAY & AGEといい、何故かメタル系以外の音で当たるのが年末年始なんですよね。来年も何か当たるのか早くも楽しみですよ(って、まだ今年始まったばかりですが/汗)。

2011年01月04日 23:06

comment avater

mesonaoko


きたぜーーーーッッ(0∀0)!!!!
こんばんわ、C*Pの花形(自称)、わたしです。
KAEさん、どれもこれもむちゃくちゃ詳しく書いてありますね~これは読むのが楽しみです!!まじで!!

最新の記事にコメントしようとも思ったのですが、私が敬愛するデビシル様の記事を書かれていたので、せっかくだしこちらにコメントさせてもらいます><
最近のデヴィッドのアルバム(ここ2、3枚)には辟易とさせられているけど、
このデッドビーズとビハイブ、ブリリアントツリーズはホントーに愛聴しています。
とにかく美しいんですよ…憂いを帯びた声と、世界が。
もう聴いているかもしれませんが、スティーヴ・ジャンセンと一緒にやったNine horsesとか、シルビアン・フリップもふんとにすばらしいですよー><
がーっずもんきー がーっずもんきー

んではまた!音源たのしみにしてます!!


2012年11月15日 22:33

comment avater

K.A.E.

いらっしゃいませ!(笑)
リアルな世界の方では、なかなか語る機会がないので(いやマジで冗談抜きに忙しいお陰で更新ペースが週1に落ちてるんで何とかしたいし...)ネットオンリーになりそうだけど、逆にこっちの方がディープに語れるかも?ってな訳で、今後ともご贔屓に。

しかし、HR/HM界隈の話で大盛り上がってたのに、いきなり初っ端がデビシルって(爆)。物凄く意外な展開...

最近の彼の作品はちょっとマンネリ気味ってな具合だけど、正にこの作品くらいまでは孤高の存在だったと思うね。ちょうどこれからの寒い時期に合う音楽なんだよなあ~。

実は例のブツにジャパン入れようか?と迷ったけど、間違いなく聴いてるよね?あぶねー×2(苦笑)。
ナイン・ホーセズは実はまだ聴いてないし、フリップ爺とのコラボは数曲しか聴いてないっす。フリップ爺のヤツは個人的にはピンと来なかったんだよなあ。今聴くとまた印象変わる??

デビシル好きなら、もしかしてスザンヌ・ヴェガあたりとかもイケるクチとか?幾分タイプが違うけど、近い雰囲気は持ってると思うんだけど...

2012年11月16日 22:41

comment avater

mesonaoko

こんばんわ!音源ありがとうございました><!!
しかもメイデンとオジーまでっ><う、うれしい…っ。
これからゼータガンダムのDVD見るんで、そのあと見ます!!
メイデンはライブがすげぇイイって聞いたので、次の来日は行こうと思っています。
好きなアルバムはセブンスサンズセブンスサンです。

お恥ずかしい話 私はミーハーなので、手当たり次第に有名どころを聴いて楽しんでいるのですよ^^;
ファイトのビシャスの直後にデビシルでも余裕で聴けますよ~どっちも大好きなんですよ~
スザンヌ・ヴェガはナインオブジェクツなんちゃらとソリチュード・スタンディングの
2枚だけしか持ってないんですけど、どっちもスゲー好きです><
なんだか飽きないし耳に残るんですよねー あと、落ち着く(^^)v いいアルバムです!

HR/HMももちろん好きなんですけど、たぶん私そんなに詳しくないですよ!!
KAEさんからしたら話し相手には物足りないかもしれません!なにしろミーハーなので(^^;)

それでも怯まずにがんがんコメントしていきますわ~
新しいフロンティアが私を待っている。

それでは!
ありがとうございました!

2012年11月17日 19:02

comment avater

K.A.E.

いやいやいや、ミーハーでも全然良いじゃないっすか!
何が詳しくて詳しくないって、余り意味ないですよ。知らなければYOU TUBEあたりで聴いて知識を広げれば良いだけの事で、興味あればCD買って聴くだけの事だし。

ファイトの後にデビシルを余裕で聴ける(笑)。こういうノリってホント素晴らしいと思うけどなあ~。同じ音楽好きモノ同士、色々語っていきたいと思ってこのブログ立てたので、私としては願ったり叶ったりっす。
ここにコメントしてくださってる某音さんやumeさんも多分同じ気持ちを持ってると思うし。ヒマしてる時にでも臆せずガンガンコメント入れてくださいまし~。

メイデンは7thアルバムっすかー!私もこの辺りまでのメイデンはホントに神掛かってたと思うねえ。確かに名曲揃いだし!

スザンヌもやはり聴いてましたか!(笑)「孤独」はホントに良い作品だよね。2枚だけ聴いたみたいだけど、機械音が意外とスザンヌの声とマッチしている「99.9f」(邦題:微熱)はmesonaokoさんには結構ハマりそうかと思うなあ~。

2012年11月18日 23:36

コメントの投稿