Hot WireHot Wire
(1991/07/05)
Kix

商品詳細を見る


まだまだ続く80sHM/HR。今回のお題は久々にKIXの5th「HOT WIRE」を聴いてみた。

umeさんのCD購入欄のコメントに「彼等の最高傑作は4th」と書いてあったけど、この意見には私も同意。最初に彼等のアルバムを聴いたのが4thだった事もあるし、何よりリアルタイムで「DON'T CLOSE YOUR EYES」がチャートを駆け上っていくサマを見た時は「彼等がこんなにメジャーになっていくなんて...」と感慨深いモノがあった。それまでは通受けのHRバンドのイメージだったのに、今になって思うと少し妙な感じもするけど。
それまで作られた「BLOW MY FUSE」「COLD BLOOD」「GET IT WHILE IT'S HOT」のPVみたいに縦ノリHRが彼等の代名詞みたいな雰囲気を作っておいて、あの「DON'T CLOSE YOUR EYES」のPVだもんなあ...正にやられましたよ。

そんな予想外のヒット曲もあって、それに続くアルバムには結構な期待があったと思う。マイナーだったバンドがメジャーになって放つ新作はどんな感じになるんだ?という高揚感があった反面、メジャーにアグラをかいて彼等の良さが消えてしまったらどーしよう?という不安もあった。

しかし、そんな不安を見事に払拭する凄いアルバムを引っ提げてきた。制作費にお金が掛けられたと思わせる音の良さがまず耳を惹いた。前作のトム・ワーマンや3rdアルバムのボー・ヒルも彼等のイメージに合わせた音作りだったけど、このアルバムでは無名のテイラー・ローズという人も彼等の友人という事もあって、実に聴きやすい良い音に仕上がっている。
で、肝心の楽曲もスケールアップして、重たいドラムのフェイドインから始まる冒頭のタイトル曲がボン・ジョヴィの「LAY YOUR HANDS ON ME」みたいで、アリーナロックっぽい雰囲気を醸し出している。
続く「GIRL MONEY」は正に彼等の真骨頂だし、「ROCK&ROLL OVERDOSE」や「BUMP A LA LA」「PANTS ON FIRE」などの明るく弾ける楽曲群は元々分かりやすい音もあってAC/DCみたいに理屈じゃなく本能で聴く音を実感させる。
他にもワイルドハーツのジンジャーがベストソングに挙げる「TEAR DOWN THE WALLS」も感動的だし、彼等にしては異色的な「COLD CHILLS」も悪くない。

しかし、これだけ意欲的なアルバムを作りながらも、時代は残念ながらグランジ/オルタナ路線が隆盛を誇る直前という事もあって売れなかったのは勿体無い。あと3年早くこのアルバムが出ていれば...と思うとバンドを取り巻く環境も変わっていたのではなかろうか?
4thアルバムが売れるまで、借金してまでアルバム作ってツアーで返済...という行為を繰り返し、念願の大ヒットでそれまでの借金をチャラに出来たみたいなので、このアルバムで更に売れて少しはバンドに良い思いをして欲しかったなあ~。ま、如何にも彼等らしいといえばそれまでなんだけど。

今の時代に聴いても全く問題なく聴けるし、いつでもこのノリに身を委ねる事が出来るアルバムは、前作同様に重要な作品かと。あ~、再結成してまたアルバム作ってくんないかな...今更ながらライブが観たい!

PS:...と、締めくくったトコでYOU TUBEで検索してたら、どーやらライブ活動はしてるみたいですね。ただ楽曲のメインライターだったベースのドニー・パーネルは不参加みたいです...


「ROCK&ROLL OVERDOSE」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=qxd2ggyHwhA

「GIRL MONEY」昨年末のライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=zwDfZN_fckY&feature=fvst
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

COUP DE GRACE / TREAT (2010)

HEARTBREAK STATION / CINDERELLA (1990)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

きっくす

コレも結構聴き込んだ作品です、前作の方にも思い入れがありますが、この作品もなかなかですよね、例の5枚セットで驚きの低価格シリーズで初めて初期の作品も聴きましたが3枚目以降、急激に伸びたバンドじゃないでしょうか、正直1作目とか?でしたし。
今も地道に活動してたとは驚きです、アルバム出したらTESLAくらいの騒ぎにはなるでしょうか。

2011年01月23日 18:09

comment avater

K.A.E.

私も前作買ってかなりハマり、同時期に出た旧作3枚を一気に買って聴きましたが、某音さんと全く同じで3rdだけでしたね(笑)。
1stには「KIX ARE FOR KIDS」「YEAH,YEAH,YEAH」という代表曲が入ってるから救われてるけど、2ndは中途半端でしたし。あの当時だからまだこんな感じだったとか?
3rdは久しぶりに聴きたくなったんで、今からでも探してみようかな?確かボー・ヒルがプロデュースしてるんですよね。ホント、カッコ良かったなあ。

2011年01月26日 23:15

コメントの投稿