クーデ・グラー~最後の一撃クーデ・グラー~最後の一撃
(2010/05/26)
トリート

商品詳細を見る


前から欲しいと思いつつも、すっかり買い逃してた約18年振りに復活したトリートの新作「COUP DE GRACE」(邦題:クーデ・グラー~最後の一撃)を、たまたま入ったTSUTAYAで発見したので購入。
ホントはタワレコで買おうと思ってポイント3倍セールの時に...と思ったら在庫が無く、しかもその後も入荷する気配が一切無かったから、東京に行った時にでも買えばいーやと思ってたので運よく手に入れられたのはラッキーだった。

前評判はかなり高く、ネットでもバンド史上最高傑作との呼び名もあったくらいなので、どれどれ...と試聴で聴いてみるとコレが結構エッジが強い音で、北欧メタルの括りではどーなのかな?と思ったけど、全曲聴いてみるとやはり北欧らしさは残ってあったので一安心。
しかし、この時代にこれほどまで80年代らしさを感じさせるアルバムが聴けるとは思っていなかった。最近ではウィグ・ワムくらいではなかろうか?路線的にはそのウィグ・ワムを感じさせるトコもあるし、LAメタルっぽいノリも感じられた。逆に現代的な要素は余り感じられなかったかな。

オリジナルシンガーだったロバート・アーンルンドが復帰してのアルバムなので、当時を知る人たちにとっては感慨深いモノがあると思うけど、前任シンガーも掠れた声で意外と味があったのでちょっと残念かな?しかし、この路線ならこの声で十分合っていると思うけど。

私的なお気に入りは「PAPERTIGER」「A LIFE TO DIE FOR」「SKIES OF MONGOLIA」「NO WAY WITHOUT YOU」「WE OWN THE NIGHT」「BREATHLESS」あたり。前半のHR路線も良いけど、後半のAORっぽい雰囲気の方がメロディの良さが際立って好きな路線かも。

とにかく曲の良さが光る1枚。全15曲もあるので(国内盤)さすがに捨て曲無しとはいかなかったけど、十分に満足出来る内容だった。この後、バンドはずっと続ける気なのかどーかは分からないみたいだけど、これだけのアルバム作れるんだからまだまだやれるでしょ!次回作も楽しみだし、旧譜もちょっと興味が出てきたなあ。


「PAPERTIGER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=aFHfCJSbRhI&feature=related

「SKIES OF MONGOLIA」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=aSmDbgw_OKw

「WE OWN THE NIGHT」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=NOl0jTNsLGs&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

EXPERIMENTS IN MASS APPEAL / FROST* (2009)

HOT WIRE / KIX (1991)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

とりーと

私も前評判に乗せられて買ったら予想外に良かったというパターンです。このバンドのは元スェディッシュ・エロティカのマッツ・レヴィンさんが歌った最終作と幻のアルバムと言われた怪しいやつ1枚しか持ってないですが、いいメロディを書くバンドです。

2011年01月23日 18:04

comment avater

K.A.E.

マッツ・レヴィンって、前にブタ伯爵と1枚アルバム作ってません?この人の声は良いですよねえ~、YOU TUBEで1曲聴いたんですが今のVoとはまた違った味で。

でも、こんなアルバム出してきたんだから次もあっても良いと思うんですが、一体どーなるんですかね?活動状況がいまいち伝わって来ないんで、少し煮え切らない感じですよ。

2011年01月26日 23:22

コメントの投稿