Experiments in Mass Appeal (Jewl)Experiments in Mass Appeal (Jewl)
(2009/01/13)
Frost

商品詳細を見る


先日頼んでいたフロスト*の2ndアルバム「EXPERIMENTS IN MASS APPEAL」が届いた。
以前書いた1stアルバムを聴いて以来、直ぐにこの音に惚れてしまったお陰で即この2ndとこの後に出た2枚組+DVDのライブ盤を購入してしまったのだけど、ライブ盤に関してはまた別に書くとして、今回はこの2ndアルバムから。

1stアルバム発表後に、中心メンバーであるジェム・ゴドフレイという人が余りの多忙さにバンドの活動停止を発表してしまい、このバンドも1枚のみで消え去る運命かと思いきや、あっさり2枚目作ってバンド復活...って、一体何なんすか?(笑)
ま、このバンド以外で他のメンバー達もバンドを掛け持ちやってる人達だから、そっちに専念すれば特に問題も無いのだろうけど、1stアルバムの完成度を思えば続けないテはないな...と思うのも分かる気がする。

で、この2nd。まず変わった点はボーカル。前作では再結成イット・バイツでも御馴染みジョン・ミッチェルがVo取ってたのだけど、今回から参加のデクラン・バークというギタリストがボーカルも担当。これは個人的には良かった。ジョンも良いんだけどイット・バイツで聴いているし、デクランの声はジョンの声よりも高いので、楽曲の良いアクセントになっている。

で、肝心の楽曲の方も相変わらず素晴らしく、テクノロジーを駆使したプログレッシヴロックといった感じ。冒頭2曲がちょっとダークな雰囲気で始まるので前作とはちょっと違う感じだけど、3曲目以降は1stアルバムに入っててもおかしくない楽曲が揃ってる。
私的には重いながらもキャッチーなメロディが心地良い「POCKET SUN」、ゲーム音楽みたいな出だしで曲展開が速い「DEAR DEAD DAYS」、再結成イット・バイツが演っても違和感がない様な「TOYS」、15分の大作ながら静と動の使い分けが見事な「WOUNDERLAND」がお気に入り。

しかし、コレ聴いて思ったのは、何でこんな素晴らしいアルバムが地味な扱いなのか?という事。一応、国内盤は発売されているけど(マーキー/ベルアンティーク)輸入盤に帯とちょっとした解説だけの仕様。しかも出荷数が少ないみたいで、店頭で見掛けるのはまず困難...
ちゃんとプロモーションして、しっかりこのバンドを評価出来る人が現れない限り、まず日の目は見ない作品である事は間違いないなあ。ま、このバンドの存在を知った今は次作も勿論購入決定だけど。
因みに、輸入盤でDVD付きも発売されているので、映像にも興味あるならそちらの方がお得かも。


「POCKET SUN」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=rJNS1rQfa7I&feature=related

「TOYS」PV?↓
http://www.youtube.com/watch?v=QBXCYjFX7V4&feature=related

「DEAR DEAD DAYS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=yu8hiX3BjYo&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

VAGABONDS OF THE WESTERN WORLD / THIN LIZZY (1973)

COUP DE GRACE / TREAT (2010)

comment iconコメント

コメントの投稿