西洋無頼+23<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)西洋無頼+23<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)
(2010/12/22)
シン・リジィ

商品詳細を見る


私的な事で恐縮ですが、ちょっと今年に入ってから色んな事が立て続きに起きて、気分がかなり滅入ってしまっていたので、昨日は久しぶりに気分転換も兼ねて東京へ遊びに行ってきた。
西日暮里に住んでる友人と千葉に住んでる友人に声を掛けてみたら、2人共快諾してくれてお互いの近況なんか多いに語って、しかもCD漁りも忘れておらず(笑)ホントに良い気分転換となった。

で、今回の東京行きにはもう一つ理由があって、それがこのアルバムシン・リジィの「VAGABONDS OF THE WESTERN WORLD」(邦題:西洋無頼←何てカッコイイ邦題なんだ!)を手に入れる事だった。密林やHMVでは在庫が無く他のネットショップでも殆ど置いてないので、じゃあ東京のCD屋にも無いのか?と思い、それなら行くか...と東京まで足を伸ばしたのだ。
で、まずは国内盤の殆どが置いてあるアキバの石丸電器に行ったら、何と今年3月で閉店だそうで閉店セールやってた(涙)。閉店だから新品なんか取り寄せておらず断念...しかし、店内全品30%オフは魅力的だったけど、予算を持ってなかったのとセールから1ヶ月近く経ってたので余りコレといったモノが無かったのが残念。某音さんが行ったら絶対テンション上がっちゃうんだろうなあ~と、ふとアタマを過った(爆)。
で、新宿のタワレコには置いておらず、HMVは閉店...残るはディスクユニオン・メタル館。そしたら在庫がかなり置いてあり(笑)あっけなくゲット。殆ど買い占めたんか?

何故、そこまでしてこのアルバムが欲しかったのかというと、リジィの快進撃はヴァーティゴレーベルへ移籍した後で、このアルバムを含むデッカレーベル期の3枚は余り話題に挙がらないのが以前から気になってて、今回リマスター化+ボーナス23曲(オリジナル盤の3倍もある/笑)という事もあって聴いてみたかった。ジャケのサイケっぽさも時代を感じさせて面白いし。

肝心のリマスター処理に関してはオリジナル盤を聴いてないので評価出来ないけど、1973年の音源にしてはかなりクリアだと思った。ライブ音源も後のライブ盤とかと比べると意外と丁寧にプレイされていて、後の激しいプレイとはちょっと質感が違う感じがした。まあ、まだ若い頃という事もあるんだろうけど。

しかし、一番驚かされたのはこのアルバムの内容。以前から初期の名作という評価もあったけど、実際に聴いた事があったのは「THE ROCKER」のみ(しかもシングルVer)。聴く前はこのテのモノが多いのかな?と思ってたけど、実際にはレイドバックしたヘヴィブルーズを基本としたロックといった感覚を受けた。
しかも、この時点で既にリジィの骨格は出来上がっており、フィルの詩人っぷりは十分に発揮され、このアルバムで脱退したエリック・ベルも今までは歴代のギタリストの中では地味な印象しかなかったけど、このアルバムではかなり弾き倒しており(「THE ROCKER」の後半であんなに弾いてるとは知らなかった)また楽曲に併せて繊細なプレイも出来る器用な人なんだなあ...と印象がガラリと変わった。

正に”初期の名作”の名に相応しい内容。次作ではバンドの代表曲も登場する事もあって、活動的にはドタバタしていたけど才能面では勢いを感じさせる。リジィは最初に聴くには余り薦めないけど、代表曲は聴いてきたのでそろそろオリジナル盤を...と思ってる方には良いアルバムかと思う。


「VAGABONDS OF THE WESTERN WORLD」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=otnLQ0OBAbc

「MAMA NATURE SAID」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=NuBkpQHLb-M&feature=fvsr

「THE ROCKER」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=AsD7VWZxjbk&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE EP SESSIONS 2007-2008 / THUNER (2009)

EXPERIMENTS IN MASS APPEAL / FROST* (2009)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

しん☆りじぃ

入手されましたね(笑)、結構イイ作品だと思うんですがどうでしょうか。
一般的には地味な作品だと定着してるんですが実は凄い味わいのある作品なんですよね、個人的には大好きです。

2011年02月07日 22:50

comment avater

某音楽馬鹿

追伸

首都圏って本当に羨ましいです、ウチの近所なんか車で1時間以上走らないと満足なレコード店が無い状態です、その分大阪に行った時に発散してますが(笑)。

2011年02月07日 22:53

comment avater

K.A.E.

いやホント、某音さんの言うとおり味わい深い作品だと思いますよ。フィルの独特の歌いまわしが既に完成されている点も見逃せませんし、エリック・ベルの実力にも驚きました。
リジィの歴代ギタリストの中でも地味な人って印象が拭えなかったんですが、これ聴いたお陰で彼も十分に素晴らしいギタリストだったって認識出来ましたよ。
まあこの前の2作は手に入れなくても...とは思ってますが、この後のアルバムはやはり揃えないとマズいですよね。早くデラックス・エディションの第2弾が発表してくれないかなあ?特に「NIGHT LIFE」と「CHINATOWN」を希望します!

2011年02月09日 21:43

コメントの投稿