Ballads & BluesBallads & Blues
(1994/11/14)
Gary Moore

商品詳細を見る


正に衝撃的なニュースでした。
...まさか、こんなに早くこの世から去ってしまうなんて思ってもいなかった。盟友フィルやロリーの元に早く行きたかったのかな?一つの時代が終わってしまった気がして、物凄い虚脱感を感じる。

死因は特定出来てないみたいだけど、何でも休暇中のスペインのホテルで睡眠中に亡くなったという事は分かってるらしい。しかし、全然実感湧かないって!今年はミック・カーンといい、本当に最悪だ...

そんな事を思いながら、昼からリジィや彼のソロ作、ブルーズ路線など色々聴いているけど、こういうプレイヤーはもう2度と出て来ない気がする。彼の影響を受けたジョン・サイクスやジョン・ノーラムですら既に頭打ちになっているのに、御大は路線を変えたけど貪欲にプレイし続けていたのは正に根っからのミュージシャンだったと。

でも、こういう気分の時は彼の残したHRも良いけど、やはりバラードに定評のあった彼ならではのベスト盤「BALLADS & BLUES 1982-1994」が一番しっくりくる。
HR時代からブルーズ時代までのバラードを集めて、当時の新曲3曲収録したベスト盤なのだけど、不満なのが「STILL GOT THE BLUES」の後半のソロがカットされてるトコ。どー考えてもおかしいでしょ?
それと「THE LONER」が入ってない!何で??
あと「AFTER THE WAR」のボーナストラックだった「THE MESSIAH WILL COME AGAIN」のカヴァーが収録してほしかった。あんなに凄いプレイなのに!!!
もっと贅沢を言えば、コージー・パウエルのソロ作にゲスト参加した「SUNSET」も入れて欲しかったし、更に言えばGフォースの「I LOOK AT YOU」も...ってキリが無いくらい、彼の残したプレイは素晴らしいモノが多い。
でも全14曲もあるし、当時の新曲3曲が売りだった訳だからバランスの良い構成だったのは認めるけど。

その「ONE DAY」「WITH LOVE」「BLUES FOR NARADA」の出来はそれぞれに素晴らしく、私的にはインストの「BLUES FOR NARADA」が一番好きだったな。
ゲイリーのバラードにしては普通と称される「CRYING IN THE SHADOWS」が収録されてのも嬉しいし、ゲイリー・ムーアの取っ掛かりとしては実に最適な1枚ではなかろうか、と。

しかし、こう書いても全く実感がない。でも一言言わせてもらうと、貴方の事は絶対に忘れないぜ、ありがとう...


「BLUES FOR NARADA」曲のみ(この写真、凄く良い)↓
http://www.youtube.com/watch?v=qRFWmNgTqRE

「CRYING IN THE SHADOWS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=i7duAoNQrCc
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FREE ALL ANGELS / ASH (2001)

THE GARDEN OF UNEARTHLY DELIGHTS / CATHEDRAL (2005)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

げいりー☆むーあ

本当に突然の事で言葉もありませんが、今後こういう事って増えてくるんでしょうね(悲しいけど)、とりあえず私はもうお金の事は気にせず観たい人はヤバそうな人からライヴに行こうと思います、例えそれが東京だけの来日だとしても、若い時聴いてたヒーロー達にに会っておきたいんで・・。
ひょっとすると東京遠征も考えてますんでその時は一緒に飲みましょうね。

2011年02月07日 22:34

comment avater

ume

本当にショックです。
今お酒を飲みながら、STILL GOT~とWILD FRONTIERから数曲聴きました。
これらの曲は私の一生の宝物です。
もちろんAFTER THE WARも大好きです。
今思えば昨年のライブに行っていて本当に良かった。
私が天国に行ったら、今後はHRのライブも見せてください。
あとフィル・ライノットと一緒にプレイする姿も見たい。

本当に有難う。ゲイリームーア。

2011年02月08日 00:43

comment avater

K.A.E.

先日のミック・カーンの時にも書いたばかりなのに、また悲報を書かなきゃいけないのは本当に辛いです。しかもゲイリー・ムーアの追悼文を何で今、書かなきゃならないんだ?と未だに自問しています。

驚いたのは、悲報を知ったその夜にYOU TUBEで彼の楽曲を聴きまくった時、コメントの欄に必ず「R.I.P.」の文字が入ってたのは、世界中のファンが私達みたいに悲観に暮れているんだなあと実感しました。まだ1日も経っていなかったのに...

でも彼の残した楽曲はこれからもずっと聴き続ける事は間違いないので、彼を知らない人達には自信を持って薦めたいと思いますね。HR好きで彼のギターを聴いた事がないなんて余りにも勿体無いですからね。

某音さんが東京に来る機会があったら、間違いなくお供させてもらいますよ。私は下戸なんで酒は無理ですが(苦笑)間違いなくCD漁りだけは外せませんね。その時はumeさんも交えて、初の三つ巴対談なんて楽しみ過ぎる!!

2011年02月09日 22:09

コメントの投稿