5x55x5
(2010/09/14)
Hooters

商品詳細を見る


先日の某音さんのサイト見ててフーターズの新作が出てたのを全く知らず、慌てて注文した。
2008年にライブ盤を出して以来、何も音沙汰がなかったので(というよりも、活動状況が全く入って来ないから何してるのかさっぱり分からない...)いきなりこういうモノが出てるとは。

「FIVE BY FIVE」というタイトル通り、5曲入りのシングルみたいなので厳密には新作と言っても今後出るであろう新作の予告編みたいなモノなんだろうけど、昔からのファンとしてはたとえシングルであってもバンドが未だに継続してる事を知らせてくれるので、実に嬉しい。5曲で約¥1200と安いし。

で、肝心の内容といえば、コレが実に若々しい音で驚いた。冒頭の「PISSING IN THE RHINE」は、それこそデビューアルバムの中に含まれていても全くおかしくないほど、あの当時の音に近い。演奏の勢いも、あの当時よりも更に上のテンションの気がする。
2曲目の「SILVER LINING」も、のどかでアメリカの青春ドラマに使われてそうなキャッチーな雰囲気で心地良いし、3曲目の「ONE OF US」は枯れた哀愁を感じさせる実に感動的なバラード。このアルバムで一番好きだな。
4曲目は、遂に出してきたシンディ・ローパーに提供した「TIME AFTER TIME」のセルフリメイク。私的には、アレンジを変えてアップテンポにしたこのVerよりは、やはりしっとり歌い上げるシンディの方が好きだなあ。雰囲気がこれまたデビューアルバムの「SOUTH FRRY ROAD」に似ているかな。ラストの「REALLY FINE WINE」は、明るくカントリーっぽい楽しい雰囲気が伝わってくる感じで、エンディングを締めるにぴったり。

と、トータル20分に満たないので、ホントにアッという間に終わってしまう。ファン心理としてはもっと聴きたいのが本音だけど、それは新作のお楽しみに取っておくとして、改めて良いバンドだなあと再認識した。
ベテランになると音楽性を若干変えてきて、歳相当の音楽をプレイしていたりするものだけど、彼等は良い意味で全く変わっていない。むしろ若々しさすら感じるこの感情は一体何なんだろう?元々、若い頃から「GRAVEYARD WALTS」や「500 MILES」みたいな渋い楽曲もこなしてきたので、それだけ音楽の懐が深いんだろうなあ。

たった5曲でこれだけの存在感を示した本作、彼等の旧譜と併せて新作のつなぎとして十分に楽しめそうだ。


「ONE OF US」UNPULGGED曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=jz4aQTncoBA&feature=related

「SILVER LINING」ライブ↓
http://www.youtube.com/watch?v=6LRvkx7tk5Y&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

THE 12"ALBUM / HOWARD JONES (2011)

FREE ALL ANGELS / ASH (2001)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ふーたーず

購入早っ(笑)。
私も出てるの知らなかったんですが偶然見つけました、本当に何も変ってないですよね~(風貌はおっさんになっちゃったけど)相変わらずのフーターズ節にアルバムの期待が膨らみます、同じ時期にエリック・バジリアンさんの謎のソロ作品も買いましたがフーターズとはちょっと違うけどなかなかの作品でした、あと注意です!、4枚組みの30周年ライヴ出てますが、コレは前作とちょっと前の2枚組み(エレクトリック&アコースティック)ライヴとこのシングルを集めた抱き合わせ商品なんで騙されて買わないようにしましょうね。

あと、ホームページの容量増やしてUPしようとすると謎のエラーで更新できない状態です、ホームページビルダーを最新にしたからかな~という事でフーターズの感想はしばらく待っててくださいね。今サイトのサーバーと格闘中ですんで

2011年02月21日 21:26

comment avater

K.A.E.

いやホント、某音さんのコメント見た直後に即ポチりましたから(爆)。
でも、コレはホントに良いです!「TIME STAND STILL」の若干煮え切らない部分(つまりロックっぽさが少なかったトコ)を、今回で補ってくれた感じで。
コレって何かを聴いた時に似てるなあ~と思ったら、リック・スプリングフィールドのカヴァー集から新作を聴いた時の感覚に近いですね。

エリック・バジリアンのソロ作は購入した時に情報知りましたが、4枚組ライブ盤は知りませんでした。タレコミ有難うございます!
詳細知らなかったら買っちゃいそうですし。

2011年02月21日 22:13

comment avater

そーま

エリックもロブも!

まだhooters聞けるんですね!嬉しいです。涙 しかもファンも健在ですね。新作は仕事中のダウンロードなので、あとで車で聞きまーす(^-^)/

2011年03月29日 19:19

comment avater

K.A.E.

そーまさん、初めまして。
こんな辺境の地に書き込んで頂いて有難うございます。
仕事が激務だったので、コメントの返事が遅れてしまって申し訳ありませんでした。

フーターズ、お好きなんですか?私もリアルタイムからのファンです。
4作目は未だに好きになれないんですが、他のアルバムは全て良いと思ってます。特に2nd「ONE WAY HOME」は名盤だと思ってます!

またコメント見て頂けたなら、是非このEPの感想も聞かせてください。

ブログは見ての通り、私の好物はHM/HR関係なんですが、根本的なルーツは80'Sです。もし宜しければ、他のミュージシャンも過去にレビューしてますんで、そちらも参照して頂けると幸いです。

2011年04月03日 22:21

comment avater

そーま

レスポンス遅くなりました

ONE WAY HOMEが好きってことはベスヒットUSAでエリックが上を向いて歩こうを歌ったの見ました?

私もONE WAY HOME好きです。
zig zagも大好きです。

The hooters変わってなくてホッとしました。
他にも情報があれば教えてくださいm(_ _)m

2011年06月19日 11:10

comment avater

K.A.E.

そーまさん。
わざわざ返信コメントありがとうございます!

「ベストヒットUSA」勿論観ましたよ!結構、リップサービスで日本語verを披露するミュージシャンが多い中(デヴィッド・ボウイやポリスなんかやってましたね)エリックは意外と日本語の発音も上手かった様な気がしますね。

当時発売された「HOOTER MANIA」という8cmCDシングルを未だに持ってまして、そこには「JOHNNY B」の日本語バージョンが収録されていて、高柳 恋という方が日本語訳詩を担当してるんですが、最後のヴァースのみオリジナルの英語で、後は全部日本語という試みをやってます。
ここでもエリックの発音は意外と上手く聞こえますが、やはり(というか当然)オリジナルの方が良いですね。

珍しいモノは他に、当時ビデオテープで発売されたライブ映像「NERVOUS NIGHT」や、「BROTHER, DON'T YOU WALK AWAY」のCDシングルなどまだ持ってますね。
特にライブビデオはDVD化してほしいくらい、良いライブですよ。

2011年06月19日 20:26

コメントの投稿