メンフィス・ブルースメンフィス・ブルース
(2011/02/23)
シンディ・ローパー、チャーリー・マッセルホワイト 他

商品詳細を見る


いきなり私事で恐縮ですが、先週灯油を買いに行った際、以前から余り状態が芳しくなかった腰痛を再発してしまいました。
先週はずっと痛み止めを飲んで毎日11時間の激務を乗り切り、一昨日仕事終わってから近所の接骨院にて電気治療とマッサージをやってもらったけど、余り効果は無いみたいなのでまた1週間様子見ながら、治らない様なら今度は整形外科できっちり診てもらおうかと。
こんな感じなので、昨日も休日出勤してくれって話を断って1日静養してたんですが、給料後の雑務(家賃や公共料金の支払いなど)をこなすついでに、きっちりタワーレコードにて新作チェックする事だけは忘れない(笑)。

今回は欲しいモノが結構多かったので、先月みたいに買うモノに迷う事は無いだろう...とタカを括ってたら、今回のお題であるシンディ・ローパーの初のブルーズアルバム「MEMPHIS BLUES」の国内盤が置いてないではないか!?
...ホントどーしちゃったんだよ、この店。まあ輸入盤があったので、仕方ないのでこっちで我慢。安かったし、まあ良いかと。

シンディと言えば、今回の東日本大地震の最中に来日しており、自身も体験してしまった訳だけど、本国からの帰国命令を無視、そして本来の目的であるライブを実施して、最終公演は動画サイトにて生中継までやってのけた。募金活動にも積極的で、それとは別に震災の寄付までやっている。
この来日前には、アルゼンチンだかの空港でフライト待ちでイラついてる客をなだめる為に、空港のマイクを使っていきなり自身のヒット曲「GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN」をアカペラで熱唱、周りの客をなだめるどころか笑みをもたらしたという。

こうした一連の出来事で、この人がホントに大好きになってしまった。ミュージシャンとかいう次元を超えて、自分が一体何を出来るかを一人の人間として考えてる事に共感した人は多いんじゃないだろうか?ましてや、こんな状況なら普通は身の危険を察して帰国しても文句は無いハズなのに、シンディはそれでも日本に残ってくれた。もう尊敬するしかないでしょ!

それはともかく、こうしてアルバム全曲聴いてみると、シンディの音楽的ルーツにブルーズの影響はそれまでは全く無かったからどーなんだろう?という危惧は全く必要なかったと感じた。それほどまでに彼女の歌唱とブルーズの相性は良いと思う。ブルーズという敷居がこのアルバムには全く感じられない。
そりゃ、これまでのポップソングを歌ってきたアルバムと比べると音楽性の違いは明確だけど、ブルーズだから...という理由で敬遠してるなら、それはホントに損してると思う。ジャンルが違うけど、ゲイリー・ムーアやエアロスミスが演ったブルーズのノリとはまた別の意味で表現力豊かなアルバムだと思う。

シンディがこの後、この方向性に進むか否かは別として、こういうアルバムを作った事自体に驚かされたけど、もう57歳にもなる彼女がこうしてチャレンジ精神を忘れずに活動している事に対して、ただただ脱帽するばかりだ。これからもずっと付いていきますぜ、姐さん!

「JUST YOUR FOOL」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=-Fp4_TT1Q_A

「SHATTARD DREAMS」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=kY4mTYiCK7E&feature=related

「MOTHER EARTH」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=GY3ukE1u1_o
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PET SOUNDS / THE BEACH BOYS (1966)

GENESIS / TALISMAN (1993)

comment iconコメント

コメントの投稿