FC2ブログ

ザ・ラスト・サッカーザ・ラスト・サッカー
(2007/09/26)
ミニストリー

商品詳細を見る


しかし、仕事を定時で上がれる事がこんなに幸せだったなんて(笑)。今までがかなりキビしかったんで、少しハネ伸ばしてゆっくりと過ごしてみようかと。折角ギター買ったのに殆ど触ることも出来なかったし、CD買ってもなかなかゆっくり聴けなかったりで、しかも身体まで壊してストレス溜まりまくりというオマケが付いて一体何やってんだ?と。

まあ、前回のビーチボーイズみたいにああいう甘いメロディを聴いて悦に浸るのもアリだけど、ネガティブな気分な時にはそれなりのテンションがある音楽でないとノリ切れないかな?と。で、ミニストリーですよ。前回の「PET SOUNDS」と一緒に購入した2枚のうち「THE LAST SUCKER」。新品¥1000以下でした。

ミニストリーといえば、私が彼等の名前を初めて知ったのはBURRN!の読書質問の内容で、メガデスのライブの前にBGMで掛かっていた音楽は何ですか?との質問で、彼等の「THIEVES」「BURRNING INSIDE」との答えだったのが最初だった。
そこで、打ち込み多用のデジタルスラッシュ(当時はまだインダストリアルとは呼ばれていなかった)と紹介されていたのが非常に気になり、この2曲が入った「THE MIND IS A TERRIBLE THING TO TASTE」を購入したのだけど、この2曲が強烈過ぎて他の楽曲は完全にシカト状態(実際、あんまり面白くないし)。
後にスリップノットが出てきた時に「デジタル化したスレイヤー」と説明されていたけど、こっちを聴いてしまった後では全然デジタルっぽくないじゃん!と息巻いてしまったくらい、この音は当時衝撃的だった。

で、その後余り興味が湧かず(後続バンドの出現や、デヴィン・タウンゼントみたいなミュージシャンが出てきてしまったし)当時のアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュを思いっ切り批判したアルバム「HOUSE OF THE MOLE」が久々の快作と評価を受けたのもつかの間、まさかの解散宣言をした後の最終作となる(ハズだった/笑)のがこのアルバム。

久々に聴くアルバムは一体どーなんだ?と聴いてみると、相変わらずのブチ切れっぷりにいたく好印象。しかも当時よりも邪悪な雰囲気が増した気が。バンドの相方だったポール・バーカーが抜けて、オルタナっぽい味付け消えた代わりに、ギターの比重が増えHM/HRっぽいアプローチが強い。
前半のミドルで押すスタイルも良いんだけど、後半の怒涛のスピード感がホントに堪らない。特にドアーズのカヴァーである「ROADHOUSE BLUES」は必聴。コレはホントにヤバい!夜勤から帰って来る車内で聴いたら、自然とスピード上がってるし(苦笑)。

これによってミニストリーの活動は終了...のハズだったのだけど、リミックス盤やらカヴァー集やら色々出して解散を惜しんでるみたい。ただ、ホントに解散したのかどーかはよく分からない(苦笑)。...人の喰えないオヤジだぜ...ったく。


「ROADHOUSE BLUES」曲のみ↓
http://www.youtube.com/watch?v=vF2VMlTDX-A

「DIE IN A CRASH」↓
http://www.youtube.com/watch?v=EPGcCz0g0OE

スポンサーサイト



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FOREVERMORE / WHITESNAKE (2011)

PET SOUNDS / THE BEACH BOYS (1966)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

ミニストリーの新作ですか、コレは買わないといけませんね、デジタル・スラッシュと良く言われますがこのバンドの本質はデビュー以来変わってないと思います。
解散の噂が絶えませんがなんとかならないものでしょうか、こんなに良いバンドなのに・・・。

2011年04月09日 11:03

comment avater

K.A.E.

いや、正確にはラストアルバムではなく(オリジナルとしては最終作になるみたいですが)この後にカヴァー作とリミックス集を出してるみたいですね。そのカヴァー集も同じ金額でゲットしましたよ(こっちのレビューはまた後日)。

でもこのバンド、久々に聴いて思ったのはアルバムが売ったりして手元に1枚も無かったのは不覚だった。アンチブッシュ3部作は勿論の事、名作「詩篇:69」も無かったりするので...よく中古屋に落ちてるので、見つけるのはそんなに苦労はなさそうですが...(因みに密林では¥1ですしね/苦笑)

2011年04月10日 00:17

コメントの投稿