インフルエンセス・アンド・コネクションズ~MR.BIG トリビュート スペシャル・エディションインフルエンセス・アンド・コネクションズ~MR.BIG トリビュート スペシャル・エディション
(2003/08/13)
オムニバス、パット・トーピー 他

商品詳細を見る


只今、日本ツアー真っ最中のミスター・ビッグ。こんな状況の中、日本ツアーを実行するバンドも凄いけど、それ以前に不景気で日本ツアーがキャンセルになったり会場の規模が縮小される事が多いのを横目に、このバンドだけは何故か公演数が多く、しかも東京公演に関してはソールドの日もあると聞く。それだけ需要がありファンも望んでるという事なんだろうなあ。

このアルバム、先日中古屋でDVD付き限定盤が¥300という破格値で売っていたので、とりあえず押さえてみた。解散後に発表された、ミスター・ビッグのトリビュートアルバム「INFLUENCES CONNECTIONS VOLUME ONE : MR.BIG 」。

こういうトリビュートアルバムって、購入する基準というのは自分の好きなミュージシャンが参加しているのが第一なのだけど、このアルバムには好きなミュージシャンが結構参加してたのでそれはクリア。またこのバンドはデビュー当時から追っ掛けてたから楽曲に対する思い入れもあって、純粋に他の人が歌ったらどーなんだろう?という気持ちもあった。

特に興味があったのは、当時なかなか表舞台に姿を現さなかったハートのアン・ウィルソン、バッド・イングリッシュ解散後ソロに専念したたジョン・ウェイト、バンド名の由来になった楽曲の御本家であるポール・ロジャースあたり。こうした企画モノの常連であるグレン・ヒューズやジョー・リン・ターナーも相変わらず。あと、北欧のブ●伯爵も参加してたのは買ってから気付いた(笑)。
基本的にはメンバーであるビリー・シーンやパット・トーピーが主導で、ゲストミュージシャンが各曲に参加という形みたいだ。

で、聴いてみた感想は、オリジナルに思い入れのある人には少々キビしい内容かも。何しろエリック・マーティンみたいな同系統のシンガーが少ないし、、ポール・ギルバートの様なテクニカルかつポップフィーリングを出せるギタリストが参加していないからだ。他のサイトのレビューを読んでみても「期待外れ」「金返せ」といった酷評が多いし。実際にこの2人が参加してたらまた色合いが違う作品になっただろうけど、自分達のトリビュートアルバムに全メンバー参加...ってのも何だかなあ~。

私なりの感想は、トリビュートなんだから無理に原曲に合わせる必要は無いと思ってるので、コレはコレで全然楽しめた。先述に書いた興味のあったミュージシャンの楽曲は、どれも歌唱力抜群で素晴らしい出来だと思う。キングスXの「TAKE COVER」は意外性があって面白いし、スターシップのミッキー・トーマスが歌う「JUST TAKE MY HEART」が一番エリックの声質に近い事もあって原曲に近い。参加ミュージシャンで一番疑問視だったキアヌ・リーヴス率いるドッグスターの「SHINE」もなかなか良い。
DVDの方は収録時間が10分も入ってなくホントにオマケ程度。コレで値段吊り上げるのは殆ど詐欺まがいではなかろうか?参加ミュージシャンの全員がコメントしてる訳でも無いし、ブ●伯爵に至っては画像すら出て来ないし。

まあ、解散後だったからこうした作品が作れた訳で、一応タイトルには「VOLUME ONE」と表記されているけど、今現在続編のアナウンスは当然ながら無い。でも、あれだけ酷評されちゃったら続き作るのは結構難しいのかも?

そーいや、解散したバンドでトリビュートアルバム作って欲しいバンドと言えば是非サンダーを...と思ったけど、まあダニーの歌唱力の凄さが知れてしまうから、却って作らない方が良いのかな?(笑)


「WILD WORLD」featuring JOHN WAITE(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=c-GtjCd8s7w

「JUST TAKE MY HEART」featuring MICKEY THOMAS(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=arKjKhOMySs&feature=related

「PROMISE ”HIM” THE MOON」featuring ANN WILSON(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=yA7Y4jHBd6k&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

FOLKLORE AND SUPERSTITION / BLACK STONE CHERRY (2008)

FRESH EVIDENCE / RORY GALLAGHER (1990)

comment iconコメント

コメントの投稿