PULLPULL
(2011/03/31)
Mr.Mister

商品詳細を見る


やっとこの時を待ちわびましたよ。以前からブートでは流れてたブツで、数曲タイトルを変えてリチャード・ペイジが自ら運営するレーベルから今年、自身のHPから発表されたMR.ミスターの幻の4thアルバム「PULL」が、ようやく一般にも流通された。
前作「...GO ON」が1987年発表なので、実に24年振りの公式な新作となった本作。実際には3rdアルバムのツアー終了後の次作製作中にギターのスティーヴ・ファリスが脱退し、当時のレコード会社が内容に不満を持った為にお蔵入りが決定した代物(日本のみでのリリースとの情報もあった)。
その後にバンド自体は解散しており、メンバーは各々ソロ活動だったりキング・クリムゾンに加入したりと別々の道へ進んでいった。

私は前作のレビューにも書いてある通り「...GO ON」は大好きなアルバムだったので、このアルバムにも期待していたのだけど、前述の様な結果になってしまったので大いに失望したなあ。でも、こうして今の時代に公式リリースされて聴けるとは夢にも思わなかった。
って言うか、リチャード・ペイジがまだ音楽を続けていたのが嬉しかった。彼のソロ「SHEALTER ME」とリック・スプリングフィールドのカヴァーアルバムにて参加していたのみ、明確な活動が見えていなかったから、もう止めてしまったのかと思っていたし。

で、このアルバム。ブートを聴いた人や一足早く公式HPから手に入れてた人の前評判を聞いていた通り、前作よりも更に地味度は増している。レコード会社がお蔵入りにしたくなる理由も、この内容を聞けば理解出来る。大ヒットした2ndアルバムの様な、派手でメリハリの効いた売れ線ロックを期待しているモノとは全く逆なスタイルだからだ。
だからと言って、それだけで切り捨てるには余りにも惜しい作品だと思う。そりゃチャートを狙える楽曲は「CLOSE YOUR EYES」「I DON'T KNOW WHY」くらいしかないけど、当時のチャートの変化時期にこのアルバムが理解されるとは全く思わないし、また前作の二の舞になる事は明確だったかと。そういう意味ではレコード会社に先見の目はあったかと(笑)。

2ndアルバムが好きな人には退屈なアルバムだろうけど、3rdアルバムが好きだった人には絶対に理解出来る作品かと。1曲ずつで聴くよりもアルバム単位で聴くアルバムみたいなスタイルで、プログレのアルバム聴いてる感じかな。ゲストに元イエスのトレヴァー・ラヴィンが一枚咬んでるのもその要因かな。

しかし、ジャケだけはちょっと手抜き気味でいただけないなあ(苦笑)。インディレーベルなので紙で出来たスリーブなしの仕様は仕方ないにせよ、ジャケに関してはブートの方がまだ良いと思う。


「CLOSE YOUR EYES」(曲のみ)↓
http://www.youtube.com/watch?v=B4q12g1h1b0&feature=related

「I DON'T KNOW WHY」(タイトルが違いますが、正規ではこの曲名です)↓
http://www.youtube.com/watch?v=uzX3_4cHrxM&feature=related
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TOTO / TOTO (1978)

FOLKLORE AND SUPERSTITION / BLACK STONE CHERRY (2008)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

みすたあ☆みすたあ

こんなのあったんですか、コレ見て速攻で探し出してポチりました、まだ届いてませんが・・。

このバンドの前にリチャード・ペイジさんのやってたペイジズっていうAORバンド聴いていいなぁ~って思ってたんで、凄い偶然ですね。

2011年05月06日 14:50

comment avater

K.A.E.

今年のアタマくらいですかね、グーグルで検索して、ファンが公式HPから直接購入した話をブログで読んで、いつか一般にも流通するだろうと思ってたんで、アンテナ張ってて良かったですよ(笑)。

内容は某音さんが聴いてみて判断して貰うとして、私は気に入りましたよ。全曲良いとは言いませんが、明らかに3rdアルバムの流れでここに辿り着いたのは間違いないですから。

リチャード・ペイジと言えば、大昔モトリーの1stでヴィンス・ニールの替え玉やったって話がありましたが、アレって絶対嘘ですよねえ~(笑)。声質が全く違うし。

2011年05月06日 20:03

コメントの投稿