オペレーション:マインドクライム(紙ジャケット仕様)オペレーション:マインドクライム(紙ジャケット仕様)
(2008/10/29)
クイーンズライチ

商品詳細を見る


今日は私と20年来の友人と共に、ちょっと遠出のドライブをしてきた。
同じHM/HRを愛するモノ同士知り合いになったのが切っ掛けで、今の今までツルんできたのだけど、彼は最近のメタルは余り好んで聴いておらず、昔のモノばかり聴いているらしい。

まあ、そこまで情熱というかメタルに興味が無くなってきたからなのだろうけど、先日もumeさんのBBSでコメントした様に、今の音楽がダメなら昔のモノを聴けば良いのに...とちょっと残念な気分になった。

そんな友人と知り合った当初、彼はHM/HRバンドのカヴァーバンドを組んでいて、ちょうどその時にこのアルバムから「I DON'T BELIEVE IN LOVE」「EYES OF A STRANGER」の2曲を歌っていた。
まあ歌はともかく(そりゃ比較がジェフ・テイトじゃねえ.../苦笑)ギター1人のバンドでこの楽曲をカヴァーするのは無謀では?と思ったけど、まあそれなりに何とかカタチになっていたなあ。

そんな事を思いながら久しぶりに聴いたけど、やはり良いですなあ~。
発売当時は全てが衝撃的で、歌、演奏、楽曲、コンセプト...何から何まで完璧だと思った。今でも私の中では80年代に発売されたHM/HRアルバムの中で5本の指に入る傑作だと信じてる。それをデビューから僅か3作目で成し遂げた(ミニアルバムを入れれば4作目)彼等の功績は限りなく素晴らしい。

私はそれまでコンセプトアルバムというモノがどんなモノか全く知らなかったので、このアルバムが一番最初に聴いたコンセプトアルバムという事になるのだけど、ホントに一つの物語の如くアルバムが進んでいくので、英語圏に生まれていたら理解がもっと深いモノになるのに...と少々残念な気分。
それでも対訳を読んで、この世界観に浸れればこのアルバムで言いたい事が(完全ではないにせよ)理解出来るので、このアルバムは是非歌詞と併せて聴くのがベストかと。

またコンセプトと言いつつも、1曲ずつ個々の単体でもクオリティが高く、シングルカットしても十分インパクトが与えられる出来だった。PVもストーリーに沿ったモノだし、全曲ではなかったけどホームビデオも発売された時は勿論購入して、この世界観に浸る事が出来たのはホントに嬉しかったな。

もう本人達にも、そしてこれを超えるHM/HRでのコンセプトアルバムは絶対に2度と作れないと思う。それくらい強烈な個性を放つ凄まじい作品。でも、時代の移り変わりと共にバンド自体を知らない世代がいるのも事実。HM/HRを理解出来る耳があるなら、是非一度は聴いて欲しいモノだと願うばかりだ。


「SPEAK」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=nXQjMqhORzw

「I DON'T BELIEVE IN LOVE」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=2c3g6tTYoxM

「EYES OF A STRANGER」PV↓
http://www.youtube.com/watch?v=A4duZjxusGM
スポンサーサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

TRASH / ALICE COOPER (1989)

DOUBLE MEDICATION TUESDAY / HARLAN CAGE (1998)

comment iconコメント

comment avater

某音楽馬鹿

くいーんず☆らいち

この作品の曲をカバーできるって凄いっすね、自慢できますぜ、でも今のメタルを聴いていないその友人さんが普通で、そうやって人は歳と共にメタルを聴かなくなってくるんですよね、聴くのに体力も要りますし。
(お金もかからないし)いいんじゃないかと思いますよ。
でも、私は今のバンドが解散したら「聴くモノが無くなる」という危機感から新人バンドのチェックは怠りませんが、確かに昔より薄味のバンドが多い、そこで別ジャンルに手を出して今に至ります(笑)。
新人だけど古い音を出すバンドも居るんで薦めてみてはいかがでしょう。
そういえば新作もうすぐ出ますね。

2011年05月06日 14:24

comment avater

K.A.E.

う~ん、ちょっと深い話ですね。
私は、いつかHM/HRを聴くのを止める時が来るのが、全く想像出来ないんですよ。

先日、ユニオンでCD漁ってたら、明らかに自分より年上の白髪の中年男性の方が、普通にブラックメタルの欄で探してるのを見て微笑ましかったですよ(笑)。

人の趣味に口出しするつもりは毛頭無いですが、やはり興味を失った時が音楽を聴かなくなる時かと思いますね。

某音さんの言う通り、先日書いたブラック・ストーン・チェリーやアンサーみたいなバンドがいるのだから、こういうのを紹介していくのも私の務めみたいなモノなのかも?(苦笑)

2011年05月06日 19:45

comment avater

ume

このアルバムは間違いなく名作中の名作ですね。
私の中ではHR/HM史上5本の指に入る作品です。
ちなみに私も学生時代このアルバムの曲をバンドでやりましたよ。
1~4曲目の「OPERATION~」まで
ギターは2本だったんですが、キーボードがいないと②「ANARCHY-X」が全く雰囲気が出ないんですよ。
それなんで急遽助っ人で弾いて貰ったのを憶えてます。
QUEENSRYCHE好きのベースが演奏しながら酔いしれていた表情には爆笑したなぁ~

K.A.E.さんの友達ではありませんが、そのベースもHR/HMからというか音楽から離れちゃってますね。
でも、昨年ラウドパークに一緒に行ってオジーにはメチャクチャ感動してました。
年齢とともに興味が薄れたり、時間の制約等もあってなかなか昔のように聴けないんでしょうね。
私の場合、昔のように注目のバンドはなんでも聴くというわけにはいきませんが(良くも悪くも自分の趣味がはっきり分かってきたため)、新しいバンドを漁ればこの間のMOON SAFARIみたいなバンドに出会えるので私は止められませんね。

2011年05月06日 23:58

comment avater

K.A.E.

umeさんのその姿勢、十分過ぎるほどよく分かりますね。
いつ止めるのか...なんて自分で決めるモノではなく、興味がある限りずっと聴き続けられるモノなんですよね。

しかし「REVOLUTION CALLING」演りましたか!コレ、Voめっちゃ大変じゃないですか?(っていうか、このバンドの曲はバラード以外、どれもVo大変そうですが...)
キーボードがいないと雰囲気が出ないって、やはり作り込みが凄いんでしょうね。ヘッドフォンで聴いてると吸い込まれる様な感覚になりますし。

2011年05月07日 23:51

コメントの投稿